まんじゅう大帝国出演「実りゆく」、太田光が“ナイアガラの滝で心清めて”題字執筆

90

まんじゅう大帝国竹内一希が主演を務める「実りゆく」の題字を、太田光爆笑問題)が執筆。このたび太田のコメントも到着した。

「実りゆく」の題字を執筆する太田光。

「実りゆく」の題字を執筆する太田光。

大きなサイズで見る(全25件)

太田光が執筆した「実りゆく」の題字。

太田光が執筆した「実りゆく」の題字。[拡大]

オフィスクレッシェンド主催の第3回「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」に「実りゆく長野」のタイトルで出品され、堤幸彦賞とMI-CAN男優賞を獲得した本作。長野のりんご農家を父親とともに切り盛りしつつ、週末にはお笑いライブに出演していた主人公・実が、人生を懸けたステージに立つさまを映し出す。

「実りゆく」

「実りゆく」[拡大]

竹内が実を演じ、まんじゅう大帝国の所属事務所・タイタンのマネージャーである八木順一朗が監督を務めた。共演として田中永真(まんじゅう大帝国)、田中要次橋本小雪日本エレキテル連合)、三浦貴大鉢嶺杏奈小野真弓が名を連ねたほか、島田秀平と爆笑問題が本人役で出演している。

「実りゆく」

「実りゆく」[拡大]

題字を担当した太田は「書く前日にナイアガラの滝に打たれ心を清め、心の中で『波濤万万にして、雲山幾千ぞ。来ること我が力に非ず、帰ること我が志に非ず』と唱えつつ一息に書いた」とコメントした。なお執筆の模様は、公式サイトなどで順次公開される予定。

また本作は、舞台である長野と東京で封切られる予定だが、全国公開を目指すクラウドファンディングがスタート。支援者へのリターンには、エンドロールへの氏名記載や劇中に登場する長野県産のりんごなどが用意された。本日6月12日から9月11日の23時59分まで、MotionGalleryで支援を受け付けている。

「実りゆく」は2020年秋に全国順次公開。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします

この記事の画像(全25件)

関連記事

太田光のほかの記事

リンク

関連商品

(c)「実りゆく」製作委員会