父親を笑わせたい…りんご農家で働く芸人描いた「実りゆく」公開は10月

112

まんじゅう大帝国竹内一希が主演を務める「実りゆく」の公開日が10月9日に決定。舞台となった長野で、10月2日から先行公開されることも発表された。

「実りゆく」ポスタービジュアル

「実りゆく」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全24件)

第3回未完成映画予告編大賞 MI-CANに「実りゆく長野」のタイトルで出品され、堤幸彦賞とMI-CAN男優賞を獲得した本作。長野のりんご農家を父親と一緒に切り盛りしながら、週末にはお笑いライブに出演する主人公・実が、人生を懸けたステージに立つさまを描く。まんじゅう大帝国の所属事務所・タイタンのマネージャーである八木順一朗が企画し、監督を務めた。

このたび解禁されたポスターには「笑顔にしたい、人がいる。」というコピーも。母親が死んでから笑わなくなった父親を笑顔にしたいという、実の切実な思いが込められている。

「実りゆく」は東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。MotionGalleryでは、9月11日の23時59分までクラウドファンディングが行われている。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします

この記事の画像(全24件)

関連記事

竹内一希のほかの記事

リンク

(c)「実りゆく」製作委員会