殺戮を生き延びた兵士の地獄とは、ギャスパー・ウリエル主演の戦争映画が公開

127

フランスの戦争映画「To The Ends of The World(英題)」が、「この世の果て、数多の終焉」の邦題で8月15日に公開。ポスタービジュアルが解禁された。

「この世の果て、数多の終焉」ポスタービジュアル

「この世の果て、数多の終焉」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

第2次世界大戦末期のフランス領インドシナを舞台に、駐屯地での殺戮を生き延びたフランス人兵士ロベールを主人公にした本作。一度地獄を見たロベールがゲリラとの苛烈を極める戦闘に身を投じながら、兄を殺害したベトナム解放軍将校への復讐の念にかられ、理性を失っていくさまが描かれる。「たかが世界の終わり」「エヴァ」のギャスパー・ウリエルがロベールを演じた。

フランス領インドシナとは、ベトナム、ラオス、カンボジアにまたがる現在のインドシナ半島東部のこと。19世紀後半から1954年までフランスの支配下に置かれ、第2次世界大戦中は日本軍も進駐していた場所だ。現地ロケが行われた本作では、フランスと日本によって支配されていた当時のベトナムを1人のフランス人兵士の視点で描き出す。「ストーン・カウンシル」「愛と死の谷」で知られるギョーム・ニクルーが監督を務めた。

「この世の果て、数多の終焉」は東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次ロードショー。国内では「世界の果て」のタイトルでフランス映画祭2018にて上映されている。

※「この世の果て、数多の終焉」はR18+指定作品

この記事の画像(全2件)

関連記事

ギャスパー・ウリエルのほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 世界の果て / この世の果て、数多の終焉 / ギャスパー・ウリエル / ギョーム・ニクルー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。