岩波ホールが6月13日に営業再開、過去のヒット作を10週間にわたり連続上映

436

東京・岩波ホールが6月13日に営業を再開。同日より企画上映「岩波ホールセレクション」が開催される。

「オレンジと太陽」 (c)Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010

「オレンジと太陽」 (c)Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010

大きなサイズで見る(全5件)

「オレンジと太陽」 (c)Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010

「オレンジと太陽」 (c)Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010[拡大]

新型コロナ感染拡大の影響で2月下旬より休館していた岩波ホール。再開とともに始まる本特集では、過去のヒット作を10週間にわたって連続上映する。6月13日から19日に上映される「オレンジと太陽」は、ケン・ローチの息子ジム・ローチの長編監督デビュー作。英国政府が19世紀から1970年まで施設の子供たちを勝手に海外に送っていた“児童移民”の事実を暴いた女性の姿が映し出される。エミリー・ワトソンヒューゴ・ウィーヴィングデヴィッド・ウェナムが共演した。

「パプーシャの黒い瞳」 (c)ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio Filmowe KADR 2013

「パプーシャの黒い瞳」 (c)ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio Filmowe KADR 2013[拡大]

6月20日から26日に上映される「パプーシャの黒い瞳」は、ジプシーの女性として初めて詩人と呼ばれたパプーシャを主人公に据えた物語。第2次世界大戦下のポーランドにおけるジプシーの世界を、モノクロ映像で描いたクシシュトフ・クラウゼによる遺作だ。本作ではヨアンナ・コス=クラウゼとともに監督を務めている。ヨヴィタ・ブドニクアントニ・パヴリツキが出演した。

岩波ホールでは当面の間、定員220席のところ60席を満席とし、感染防止対策を十分に実施して営業を行っていく。また、2月中旬に上映中止となった「巡礼の約束」は2021年3月13日から4月2日にかけてアンコール上映を実施。「岩波ホールセレクション」のそのほかの上映作品は順次発表される。

岩波ホールセレクション

東京都 岩波ホール
<上映スケジュール>
「オレンジと太陽」2020年6月13日(土)~19日(金)
「パプーシャの黒い瞳」2020年6月20日(土)~26日(金)

この記事の画像(全5件)

ジム・ローチのほかの記事

リンク