ホラー映画「食人族」がアドベンチャーゲーム化、監督ルッジェロ・デオダートも携わる

91

ルッジェロ・デオダート監督作「食人族」が、ゲーム化されるとわかった。

「食人族」海外版ポスター(写真提供:Allstar Picture Library / ゼータ イメージ)

「食人族」海外版ポスター(写真提供:Allstar Picture Library / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る(全2件)

このゲームは、イタリアで1980年に公開されたホラー映画「食人族」の40周年を記念したもの。デオダートが手がけた食人シリーズの「カニバル」「食人族」「サバイバル・ショット/恐怖からの脱出」に続く、第4弾に位置付けられる。ファンタスティコ・スタジオが製作を担当し、デオダートがディレクションと脚本に携わる。

このゲーム「Cannibal」は、ゲームエンジンにUnityを採用した“インタラクティブホラーグラフィックアドベンチャー”。イラストレーターのソロ・マチェッロがオリジナルビジュアルを描き下ろした。ゲーム内では、プレイヤーが複数のキャラクターを操作し、少しずつボルネオの未開のジャングルを探索していく。

ゲーム「Cannibal」は、海外で2020年11月にNintendo Switch、PlayStation 4、Xbox Oneのソフト、そしてPC版とモバイル版として発売される予定。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

リンク