男は食い、女は飼う…食人一家描く、カナダ発バイオレンス「人肉村」公開

249

カナダ発のバイオレンス映画「人肉村」が、8月20日に公開される。

「人肉村」ポスタービジュアル

「人肉村」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全13件)

郊外でドライブ旅行を楽しんでいた若い男女4人が、食人一家の“獲物”となるさまを描く本作。その村に住むワトソン一家は、道に迷った者を拉致し、捕獲した男は食料に、女は繁殖のための道具に利用していた。劇中では、若者たちが次々とワトソン一家に捕らえられ、監禁されていく。

「UFO 侵略」「レベル15」などイギリスのインディーズ作品で活躍するサイモン・フィリップスが、ワトソン一家の長男役で出演。さらに「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」「ミッドウェイ」のジェームズ・ヒックスも共演に名を連ねた。製作、監督、脚本、撮影、編集を担当したのは、カナダのテレビ界で演出家兼カメラマンとして活動するエイドリアン・ラングレー。デヴィッド・フィンチャーや三池崇史を尊敬するラングレーは、本作で「セブン」のようなタッチを目指したという。

「人肉村」は東京のヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿武蔵野館ほか全国で公開。

※「人肉村」はR15+指定作品

この記事の画像(全13件)

関連記事

リンク

(c)2020 UNIT XIX INC ALL RIGHT RESERVED

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サイモン・フィリップス / サイモン・フィリップス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。