織田裕二×中島裕翔「SUITS/スーツ2」謎の男は吉田鋼太郎、月9にワクワク

1509

織田裕二中島裕翔Hey! Say! JUMP)が共演するドラマ「SUITS/スーツ2」に、吉田鋼太郎が出演する。

左から織田裕二演じる甲斐正午、吉田鋼太郎演じる上杉一志。

左から織田裕二演じる甲斐正午、吉田鋼太郎演じる上杉一志。

大きなサイズで見る(全5件)

本作は、海外ドラマ「SUITS」をもとにしたリーガルドラマの第2弾。東京・丸の内を舞台にオリジナル版のシーズン2を原作とするストーリーが展開し、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午を織田、経歴詐称の天才青年・鈴木大輔を中島が演じる。

「SUITS/スーツ2」ポスタービジュアル

「SUITS/スーツ2」ポスタービジュアル

本作で吉田は、幸村・上杉法律事務所の共同代表である上杉一志に扮する。原作のダニエル・ハードマンにあたるキャラクターで、表向きは優秀かつ謙虚、愛妻家で仲間思いだが、実は目的達成のためなら手段を選ばない危険な男だ。先日解禁となったメインビジュアルでは後ろ姿のみ登場していたが、このたび公開されたポスタービジュアルでその正体がお披露目された。

吉田鋼太郎演じる上杉一志。

吉田鋼太郎演じる上杉一志。

2016年放送の「好きな人がいること」以来の“月9”枠への参加となる吉田は「今回も“また出れるんだ!”っていうワクワク感があります」と出演を喜ぶ。そして「ただの悪役ではないように思います」と自身が演じるキャラクターに言及し、初共演の織田については「こんなにもお芝居に対して、熱心で前向きな人には、あまりお目にかからないです」と語った。プロデューサーの後藤博幸からのコメントは下記の通り。

小峯裕之が脚本、平野眞らが演出を担当する「SUITS/スーツ2」は、フジテレビ系で4月13日より毎週月曜21時から放送。

この記事の画像(全5件)

SUITS/スーツ2

フジテレビ系 2020年4月13日(月)スタート 毎週月曜 21:00~21:54
※初回は30分拡大

吉田鋼太郎 コメント

出演が決まったときの率直な感想

まずは、織田裕二さんと鈴木保奈美さんと共演できるということが、とてもうれしいなと思いました。“SUITS/スーツ”は、本国で大変な人気を誇るシリーズが原作で、それを完全になぞらず、日本版としてオリジナリティーを出しているので、大変やりがいを感じております!

「好きな人がいること」以来4年ぶりの月9出演について

“月9”っていう枠は、いろんな視聴者がとても期待していたり、楽しみにしていたりする特別な意味を持っている枠だと思います。僕の中でもそうで、舞台ばかりやっていた頃、“月9”というのは憧れがありました。初めて出演させていただいた4年前の時もすごく光栄でしたし、今回も“また出れるんだ!”っていうワクワク感があります。

自身の役の印象

本国のドラマでは、悪役という印象がものすごく強い役だと解釈しましたが、織田さんの話を聞いたり、台本を読むことで、もう少しひねりの加わった、ただの悪役ではないように思います。いわゆる、ただのステレオタイプの悪役っていうのはあまり面白くないので、さらにやりがいを感じています。上杉には上杉の理由や事情があるというところが、台本には大変詳しく書いてあるし、なによりも織田さんが本当に熱心な方で、現場でいろいろな説明をして下さるので、聞けば聞くほど深い役だなと思います。

織田裕二の印象

初めて共演させて頂きますが、織田さんは本当にいい意味で“芝居バカ”といいますか、芝居に対して、俳優をやることに対して、ものすごく熱心な印象があります。こんなにもお芝居に対して、熱心で前向きな人には、あまりお目にかからないです。

視聴者へのメッセージ

人間ドラマとして、とても見応えのあるドラマです。演者同士の掛け合いや何気ない描写などさまざまな箇所に謎が隠されていて、深くいろんなことが読み取れるドラマになっております。そのことをより視聴者の皆様に感じてもらえるように、織田さんをはじめ、皆さんがすごく深く台本を読み込み、すごく真面目に芝居をしています。画面に見えてくるものは、軽やかなユーモアだったり、ステキな空間だったりですが、とても真面目に作り上げていくドラマで見応えがあると思います。ぜひ楽しみにして下さい!

後藤博幸(プロデューサー)コメント

“SUITS/スーツ”をフジテレビでドラマ化することすら決まっていない5年くらい前、アメリカの“SUITS”シーズン2を見ていた際にダニエル・ハードマンが登場した瞬間、“あっ、吉田鋼太郎さんだ”と。直感でした。それから、2018年に月9“SUITS/スーツ”の放送が終了し、まだシーズン2の制作が決まっていない段階で、“シーズン2があればお願いします”と吉田さんにお声かけさせていただきました。それほどこのキャスティングには思い入れがあります。吉田さん演じる上杉は、手強い悪役という言葉では形容しがたい、すごく魅力的なキャラクターです。このキャラクターが新たに加わることで起こる化学反応が非常に楽しみです。

関連記事

リンク

関連商品

(c)フジテレビ