ツナグ

ツナグ

ツナグ

2012年10月6日(土)公開 / 上映時間:129分 / 製作:2012年(日本) / 配給:東宝

(C)2012 「ツナグ」製作委員会

解説 直木賞受賞作家・辻村深月の同名小説を『ROOKIES-卒業-』の平川雄一朗監督が映画化した人間ドラマ。死者と生者を再会させる“使者=ツナグ“の青年が、依頼をしてくる人々との出会いを経て、自身の役割や両親の死の真相を巡って葛藤する様を描く。松坂桃李が主演を務め、樹木希林が物語の重要なカギを握る主人公の祖母を演じている。

ストーリー 死者との再会を叶える人・使者=ツナグ。都市伝説の如く語られるその者の正体は、ごく普通の高校生・歩美だった。彼は“ツナグ“を通して母との再会を望む中年の畠田や死別してしまった親友・御園との再会を望む女子高生・嵐など様々な人の人生に触れていく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全24件)