映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「SEDAI WARS」山田裕貴が再タッグ果たした坂本浩一に「成長した姿見せられたら」

2569

「SEDAI WARS」制作発表上映会の様子。左から山田裕貴、坂本浩一。

「SEDAI WARS」制作発表上映会の様子。左から山田裕貴、坂本浩一。

ドラマ「SEDAI WARS」の制作発表上映会が12月19日に東京・新宿バルト9で開催され、キャストの山田裕貴、監督の坂本浩一が出席した。

社会機能が著しく低下し、経済も衰退していく近未来の日本を舞台とする本作。その流れに歯止めをかけるため、時の総理大臣は日本をどの世代に委ねるかをバトルで決める「SEDAI WARS」の開催を宣言する。山田演じる主人公・柏木悟も流されるまま参加することとなり、さまざまな世代によるVR空間での戦いに身を投じていく。

ゆとり世代代表に扮する山田は「出世欲も競争心もやる気もない。今まで演じた中で一番なよなよしている役だと思います」と挨拶し、坂本が「皆さんの想像とはだいぶ違うと思います」と笑う。続けて山田と坂本はそれぞれ「僕がかっこいいシーンは一切出てこないです」「かわいいシーンが出てきますね」と説明した。今回で坂本が手がける作品に4度目の参加を果たした山田。「『海賊戦隊ゴーカイジャー』『俺たち賞金稼ぎ団』『破裏拳ポリマー』と、デビュー作のときからお世話になっている監督です。成長した姿を見せられたらいいなと思いつつ現場に挑んでいました」という山田の言葉に、坂本は「一緒にお仕事をするたびにどんどん大きい存在になっていって。信頼感も増して『はい、自由にどうぞ』ってぐらいですよ」と笑みをこぼした。

共演者のビジュアルが劇場スクリーンに投影されると、山田が「一押しは、スケバン刑事風の衣装の出合正幸さん」と一言。「アクションで気合いを入れるシーンがありまして。普通の掛け声って『ウオー!』とかだと思うんですけど、出合さんが『ヤーイ!』っていきなり言い出したので現場は大爆笑で」と回想する。すると会場に来ていた出合に対し、山田は「出合さん、出てこなくて大丈夫ですか?」と呼びかけ、出合が「ヤーイ!」と叫びながら急遽登壇するシーンも。出合は「『ヤーイ!』は台本にはありませんでした。女性の掛け声をいろいろと研究していたんですが、よく『ヤア!』って言うよなと。それをアレンジしたものが『ヤーイ!』です」と説明して、山田と坂本を笑わせる。しかし「轟轟戦隊ボウケンジャー」に出演していた出合に対し、山田は「戦隊シリーズの大先輩です」と尊敬の念も見せていた。

イベント中には、ロスジェネ世代の総理大臣秘書役に長澤奈央、焼け跡世代の勝役に坂本長利、アナウンサー役に本イベントでMCを務めた宮島咲良がキャスティングされたことが明らかに。加えて作中に登場するマスコットキャラのGENに高山みなみが声を当てることも発表された。続いて、主題歌を担当するBlue Vintageが登壇。ボーカルを務めるJ.Speaksは「世代間の闘いの歌でもありますが、朝起きて学校に行くことも、満員電車に乗って会社に行くことも闘いの1つだと思います。日常の生活の中で皆さんの応援歌になればと作りました」と述べ、坂本から「画にはめたらバッチリはまるし、耳に残るので自然と口ずさんじゃう。かっこいい曲です」と称賛を受けた。

最後の挨拶で山田は「僕が演じた柏木悟は、本当に何の武器も持ってない人。かっこよくないし強くないです。でも人間が生きていく中で一番大事なのは、人とのつながりを大切にできること、そして心だと思います。人柄が世界を変えていくような、そういった生きざまがかっこよく見えたら」とアピールしてイベントの幕を引いた。

MBS / TBSのドラマイズム枠で放送される「SEDAI WARS」はMBSで1月5日、TBSで1月7日にスタート。

ドラマイズム「SEDAI WARS」

MBS 2020年1月5日(日)スタート 毎週日曜 24:50~
TBS 2020年1月7日(火)スタート 毎週火曜 25:28~

(c)「SEDAI WARS」製作委員会・MBS

映画ナタリーをフォロー