映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

堤真一、岡村隆史、横山裕、石原さとみ、橋本良亮が“決算”したいこと明かす

1100

左から中村義洋、寺脇康文、横山裕、岡村隆史、堤真一、濱田岳、石原さとみ、橋本良亮。

左から中村義洋、寺脇康文、横山裕、岡村隆史、堤真一、濱田岳、石原さとみ、橋本良亮。

決算!忠臣蔵」の初日舞台挨拶が本日11月22日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの堤真一岡村隆史濱田岳横山裕石原さとみ橋本良亮寺脇康文、監督の中村義洋が登壇した。

本作では吉良上野介への仇討ちにかかる費用を、予算9500万円以内でやりくりすることになった赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助と勘定方・矢頭長助の奮闘が描かれる。内蔵助を演じた堤は「寒い寒い京都で撮影して、ようやくこの日がやって来ました!」と喜びをあらわにする。「どうも、ムービースター岡村隆です」と挨拶し、観客を笑わせたのは長助役の岡村。「無事撮り直すこともなく、公開を迎えたことを本当にうれしく思っております」と話し、MCから「タイムリーですね! 攻めますね」と声が上がった。

一番好きな場面に関するトークでは、横山扮する浪人・不破数右衛門の殺陣シーンに話題が集中。石原が「横山さんの登場シーンがとても好きでした。かっこよくて」と述べると、横山は「これは普通にうれしいやつですね」とはにかむ。そして橋本が「13、4年ぶりに横山くんの殺陣シーンを観たんですが、まったく衰えていなかったです! すごいかっこよかったです」と絶賛すると、さらに横山は照れた表情を見せた。それを横で聞いていた岡村は嫉妬したのか「かっこつけてたね……」と茶々を入れ、会場の笑いを誘う。

続いて登壇者たちは今年中に解決したいことやスッキリさせたいことを、本作のタイトルにちなみ“決算したいこと”として明かしていく。「嘘ついていいですか? 引っ越ししたいです」と話すのは横山。岡村から「なんで高らかに嘘言うの?(笑)」と聞かれると、横山は「僕はもう決算しました! グループもそうですけど、心機一転しました」と晴れやかな表情で明かし、会場から拍手が送られた。岡村は「決算したいことは契約問題ですね!」とキッパリ。「エージェント契約なのか、専属契約なのか? チーフマネージャーからペンを渡されたんですけど、保留にいたしました!」と打ち明ける。堤が「それ絶対記事になるやん!」と笑うと、岡村は「エージェント契約をした加藤浩次がどれぐらい得したのかね。ほら記者の皆さん打ってください!」と記事にするよう促した。

石原が「私は給料制なので、マネージャーさんにお願いしようかな」とつぶやくと、堤は「(リアルで)ヤバいやん!」とツッコミを入れ会場に爆笑を起こす。甥っ子がいるという橋本は「先日ポケモンのゲームが発売されたらしくて、『買え、買え』言われているので、買ってあげたいなと思ってます」ほほえむ。続く堤はバラエティに出演した際の飲み物代をマネージャーに返金したいと宣言し、「今回、番宣でバラエティにたくさん出たんですけど、岡村くんと2人で狭い人力車に乗って恥ずかしかったです。なんで石原さんやないねん!」と苦笑。岡村は「でも商店街の理事長は大喜びしてましたよ(笑)」と回想した。

最後に岡村は「今まで観たことない忠臣蔵に仕上がってます。何度も劇場に足を運んでください。『アナなんとか』という映画は後ほどでいいんじゃないかな(笑)。今混んでるでしょうし、よろしくお願いします」とジョークを交えつつアピール。堤は「映画が公開されて役者の仕事はすべて終わります。少しでも多くの人に観ていただければと思ってます」と熱く呼びかけ、イベントの幕を引いた。

「決算!忠臣蔵」は全国で公開中。

(c)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

映画ナタリーをフォロー