お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

気分はムービースター?ナイナイ岡村が堤真一と人力車で「決算!忠臣蔵」PR

144

商店街を人力車で巡る(左から)堤真一、ナインティナイン岡村。

商店街を人力車で巡る(左から)堤真一、ナインティナイン岡村。

昨日11月19日、映画「決算!忠臣蔵」のPRイベントが京都市内で行われ、キャストのナインティナイン岡村と堤真一中村義洋監督、池田史嗣プロデューサーが参加した。

11月22日(金)に全国公開される「決算!忠臣蔵」は、山本博文著「『忠臣蔵』の決算書」をもとにした作品。赤穂事件をモチーフに、吉良上野介への仇討ちにかかる費用を予算9500万円以内でやりくりすることになった赤穂藩の筆頭家老・大石内蔵助と勘定方・矢頭長助の奮闘を描く。大石内蔵助役を堤真一、矢頭長助役をナイナイ岡村が演じるほか、西川きよし、桂文珍、ダチョウ倶楽部・上島、木村祐一、板尾創路、村上ショージといった面々も出演するのは既報の通りだ。

イベントが行われた京都は、大石内蔵助が討ち入り前の1年間ほど住居を構えていた場所で、映画のロケ地でもある。岡村や堤は討ち入り装束を模した法被に身を包み、商店街を人力車で巡りながら映画をPR。大きな歓声に包まれる中、岡村は「ムービースター・岡村隆史です! 映画では今までとは違う岡村隆史が見られます! 『役者やってんだな』と思っていただければと思います!」と道行く人々に呼びかけていた。

その後、一同はMOVIX京都で行われた舞台挨拶にも出席。堤が「(人力車は)みんなに晒されているようで恥ずかしかったけど、乗り心地はすごくよかった」とコメントすると、岡村は「堤さんが『なんでこんなに男同士密着して……隣に座ってるのが竹内結子さんでも石原さとみさんでもええのにな……』とブツブツ言ってました」と暴露して笑いを誘う。

また京都の思い出を聞かれた岡村は「京都の大学に通っていたのですが、ほとんどが吉本の養成所とコンビニバイトの往復で。1回生のときは38単位くらいとれたんですけど、2回生のときは4単位しかとれなくて、結局8年ほど在籍させていただきました。親父から『金をドブに捨ててるようなもんや』と言われました」と苦笑い。続けて「そんな京都に久しぶりに来て、撮影のときにおいしいところもたくさん連れて行っていただいて、堤さんともお食事も一緒にさせていただいて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました」と撮影中の思い出に浸っていた。

お笑いナタリーをフォロー