映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ディーン・フジオカ、北条司の絵コンテに驚き「冴羽リョウ役きたか!」

576

「エンジェルサイン」舞台挨拶の様子。左からディーン・フジオカ、松下奈緒。

「エンジェルサイン」舞台挨拶の様子。左からディーン・フジオカ、松下奈緒。

マンガ家・北条司が総監督を務めるオムニバス作品「エンジェルサイン」の舞台挨拶が本日11月16日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、キャストの松下奈緒ディーン・フジオカが出席した。

本作は、世界中から寄せられたサイレントマンガオーディションの受賞作をアジア各国の監督が映像化したもの。松下とフジオカは、北条がメガホンを取った「プロローグ」「エピローグ」に参加した。

セリフがなく、映像と音楽で物語が展開していく本作。フジオカは「映画はサイレントですが、ガンガン言葉にして表現していただいて大丈夫です。楽しかったですかー?」と客席にマイクを向け、「楽しかったです!」とのレスポンスに満面の笑みを浮かべる。松下が「どうやるんだろう?と未知の世界で、ドキドキでした」と撮影前を振り返ると、フジオカはその言葉にうなずきながら「現場はだいぶ放任主義でしたよね」「本読みもパントマイムみたいな感じでやるのかな?と想像しました」と続けた。

舞台挨拶の中盤には、北条が描いた本作の絵コンテがスクリーンに映し出された。松下は「想像が掻き立てられました」と、フジオカは「シティーハンターとキャッツ・アイのスピンオフかと思いました。冴羽リョウ役きたか! 子供の頃の夢が!と」と絵コンテを渡されたときのことを回想する。またフジオカは「僕、松下さんのチェロを借りてドラえもんのテーマ曲を練習してたんですよね」と撮影時のエピソードを披露してファンを驚かせ、松下からは「楽器がそばにあると、遊ぶのが気分転換になるんですよね」と声をかけられていた。

最後に松下は「大きな作品になることを願っています」と挨拶。フジオカは「感想はぜひ言語化していただいて。皆さんどしどし上げてください」と観客に呼びかけてステージをあとにした。

「エンジェルサイン」は全国の劇場で上映中。

※冴羽リョウのリョウは、けものへんに「僚」のつくりが正式表記

(c)「エンジェルサイン」製作委員会

映画ナタリーをフォロー