映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

砂時計

砂時計

スナドケイ

解説

累計570万部の売り上げを誇り、ドラマ化もされた芦原妃名子の人気コミックを映画化。1人の女性の人生を14年間に渡って見つめながら、親を亡くした少女が真実の愛を見つけるまでをドラマチックに描く。劇中、12歳から26歳まで成長する主人公、杏を『天然コケッコー』の夏帆と『未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』の松下奈緒が演じる。

ストーリー

14歳の少女、杏は、母が自殺し、孤独の中にいた。母が遺した砂時計を遺影に投げつけることしか出来ない杏をなぐさめたのは、近所に住む少年、大悟だった。数年後、杏の前に長く消息が不明だった父親が現われる。

2008年4月26日(土)公開 / 上映時間:121分 / 製作:2008年(日本) / 配給:東宝

(C)2008 芦原妃名子/映画「砂時計」製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー