映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「0キス」片寄涼太がドレスの橋本環奈をエスコート、試写会前に「ワクワクしてます」

3447

橋本環奈(左)をエスコートする片寄涼太(右)。

橋本環奈(左)をエスコートする片寄涼太(右)。

午前0時、キスしに来てよ」の“リアル・シンデレライベント”が、本日11月12日に東京・ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場で開催され、キャストの片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)、橋本環奈眞栄田郷敦八木アリサ岡崎紗絵鈴木勝大酒井若菜遠藤憲一、監督の新城毅彦が登壇した。

みきもと凜の同名マンガを新城毅彦が映画化した本作では、国民的人気スター・楓と平凡な女子高生・花澤日奈々の秘密の恋が描かれる。片寄が楓、橋本環奈が日奈々を演じた。

“リアル・シンデレライベント”と銘打ったこのイベントでは、ライトアップした階段にキャストたちが順に登場して場を沸かせた。そして最後にタキシードを着た片寄と、青いドレスを着た橋本が姿を現し、ファンの興奮は最高潮に。片寄は橋本の手を取ってエスコートした。

片寄は、このあと完成披露試写会が行われることから「ついにこの作品が皆さんのもとに届き始めるということで、今からワクワクしています」と笑顔を見せる。また橋本は、会場に集まった400人の観客を「寒い中待っていただき、ありがとうございます」とねぎらった。

楓がかつて所属していたグループ・Funny boneのリーダーである中条充希役の鈴木は、「今日はリアル・シンデレライベントということで……たくさんのシンデレラの皆さん、よろしくお願いします!」と観客に語りかける。また楓のマネージャー・高橋茂雄役の遠藤は、自己紹介でなぜか笑いが起こったため「なんで“遠藤憲一”で笑うんですか! (自分は)こんなコワモテで、こんなにキラキラした映画は初めてでした!」と照れくさそうにほほえんだ。

「午前0時、キスしに来てよ」は12月6日に全国公開。なお映画ナタリーでは、本日行われた舞台挨拶の模様も追ってレポートする。

※関連記事はこちらから
「0キス」舞台挨拶にGENERATIONS乱入!小森隼が歌い、数原龍友は主役奪う

(c)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会

映画ナタリーをフォロー