初めての採血に奮闘!看護師の卵を追ったドキュメンタリー11月公開

87

「ぼくの好きな先生」「かつて、ノルマンディーで」で知られるニコラ・フィリベールが監督を務めた「人生、ただいま修行中」が11月1日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。あわせて日本版予告編とビジュアルが到着した。

「人生、ただいま修行中」

「人生、ただいま修行中」

大きなサイズで見る(全3件)

「人生、ただいま修行中」ポスタービジュアル

「人生、ただいま修行中」ポスタービジュアル[拡大]

本作はフランス・パリ郊外の看護学校で学ぶ、年齢、性別、出身も異なる生徒40人の150日間を収めたドキュメンタリー。採血や抜糸すべて初体験の看護学生たちが、さまざまな実習の現場で成長していくさまが映し出される。救急救命室に運ばれ一命をとりとめたことをきっかけに、今作の撮影を決意したフィリベールは「私は、この時代に“他者のために働く”という道を選んだ若者たちを撮影したかったのです」と述べた。

このたびYouTubeで公開された予告編には、患者の死に苦悩する生徒や、「僕みたいな人間でも、誰かの役に立ちたくて」と気持ちを吐露する生徒が切り取られている。またポスタービジュアルには「つまずいたり、悩んだり、笑ったり。」というコピーが添えられた。

なお本作の公開に先駆けて、10月8日から10日にフィリベールが来日することも決定している。

この記事の画像・動画(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ニコラ・フィリベールのほかの記事

リンク

(c)Archipel 35, France 3 Cinema, Longride -2018

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 人生、ただいま修行中 / ニコラ・フィリベール の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。