映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「全裸監督」山田孝之が“こっそりAV観る感覚”推奨「ぜひアンダー18にも」

518

「全裸監督」ジャパンプレミアの最後にカメラ型のキャノン砲を構える山田孝之(左)。

「全裸監督」ジャパンプレミアの最後にカメラ型のキャノン砲を構える山田孝之(左)。

Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督」のジャパンプレミアが本日7月24日に東京・豊洲PITで行われ、キャストの山田孝之満島真之介玉山鉄二森田望智伊藤沙莉冨手麻妙後藤剛範小雪リリー・フランキー國村隼石橋凌、総監督を務めた武正晴が登壇した。

バブル景気の時代に“アダルトビデオの帝王”と称された村西とおるを、虚実交えて描いた本作。山田が村西、森田がのちにAV女優・黒木香となる女子大生の恵美を演じている。村西率いるサファイヤ映像の面々に満島、玉山、伊藤、後藤が扮した。観客は「80年代のおしゃれ」「バブルな装い」というドレスコードで参加。ドラマが描く熱狂的なバブルの時代にちなみ、一夜限りのパーティというコンセプトでイベントは進行した。

山田は村西の特徴的な声色をマネて挨拶。本作のオファーを「絶対面白くなると思ってすごくワクワクしていました」と振り返りながら、海外では「クローズZERO」で演じた芹沢多摩雄の名前で呼ばれることがいまだに多いことに触れる。そして「それを本作で変えたい。どこの国に行っても『村西ッ!』って呼ばれたいんです。そのいいチャンスをもらえました」と期待を込め、企画初期から製作に関わったことについて「勉強させてもらった感じです」と謙遜した。

村西とともに黎明期のAV業界に勝機を見出し、殴り込みをかけるサファイア映像のメンバーたち。満島は本作の経験を経て「80年代はすごいエネルギッシュな時代だったんだとあらためて思いました。令和になりましたが『全裸監督』から同じくらい熱い時代がまた来るといい」とコメント。玉山は最初に企画書を読んだときの印象を「題材がすげえな、と。Netflixは攻めてる。黒船が到来したなと思いました」と語り、伊藤は「毎日毎日本当に楽しかった。常に笑い転げてました」と撮影を振り返った。

村西がその名を一躍広めることになった作品「SMぽいの好き」でデビューした女優・黒木香。彼女はそれまでのAV女優のパブリックイメージを壊し、さまざまなバラエティ番組に出演して一世を風靡した人物としても知られている。森田は、黒木を演じるうえで「AV女優として地位を確立して表舞台に立つキラキラした部分とは違う裏側」を意識したことを明かし、「どういう思いでその業界に入ったのか、葛藤、苦しみといった本質的なものを常に根本に持っておこうと思ってました」と役作りの一端に触れた。最初は恵美がAV業界に飛び込む気持ちに共感できなかったそうだが、「ある種偏見みたいなものを持ってしまっていたんです。でも物作りという点ではお芝居や映画の世界と何も変わらない、ただ場所が違うだけ。それに気付けてからは難しさはなくなり、(役に)近付けました」と当時の心境を語った。

「女性の裸への概念が変わる、革命のような作品」と語るのは、サファイヤ映像の第1作で主演を務める女優を演じた冨手だ。彼女は本作に登場する女性キャラクターについて「かわいい、きれい、セクシーを飛び越えて、すごくかっこよく描かれています。村西軍団の皆さんはもちろん、監督も女性へのリスペクトを持って撮影してくださった」と実感を語り、武も「出演してくれた女優陣が本当に体を張って仕事に臨んでくれた。ぜひ女性の方にも多く観ていただきたい」と力強く述べた。

性描写が多く18禁になってもおかしくはないが、NetflixのためR18+指定は付かず「大人向け作品」として全世界で配信される本作。最後に山田が「R18の網をかいくぐって、ぜひアンダー18にも観ていただきたい。僕も同級生の家で親がいないときにこっそりアダルトビデオを観たりしてた。そういう感覚で『全裸監督』を観てもらいたい。そして盛り上がってもらいたい」と語り、イベントの幕を引いた。

「全裸監督」は8月8日にNetflixで独占配信スタート。「ニセコイ」の河合勇人、「獣道」の内田英治が監督として参加している。

映画ナタリーをフォロー