「シン・エヴァンゲリオン」冒頭解禁上映を札幌、東京、名古屋、大阪、博多で開催

377

現地時間7月6日に「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の冒頭映像10分40秒を解禁するフランス・パリのイベント「Japan Expo2019」。本イベントに碇シンジ役・緒方恵美の登壇が決定したほか、日本の5都市6会場でステージを生中継することが明らかになった。

「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦」ロゴ

「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦」ロゴ

大きなサイズで見る(全3件)

「EVA-EXTRA」イメージ

「EVA-EXTRA」イメージ[拡大]

冒頭映像である「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1(冒頭10分40秒00コマ)0706版」は、高橋洋子と緒方が登壇するステージ「Yoko TAKAHASHI×EVANGELION STAGE」にて上映。日本では7月6日20時15分から、札幌、東京2カ所、名古屋、大阪、博多の会場で本イベントが中継される。全会場が参加無料で屋外上映を予定しており、ゲストの登壇はなし。各会場の詳細な場所は、本日7月1日リリースのiOS / Android公式アプリ「EVA-EXTRA」で6日正午に発表される。徹夜行為や指定時間前の待機など会場近辺の安全が確保できなくなった場合、中継イベントは中止となるのでご注意を。

なお愛知・中京テレビ壁面の大型ビジョン“ささしまライブ”と、福岡・キャナルシティ博多では本映像の公開が決定しているほか、数カ所の街頭ビジョンでも上映を予定。また、LINE LIVEでもイベントの模様が生配信される。

そして、海外の上映についても詳細が決定。アメリカ・ロサンゼルスで開催される「ANIME EXPO」では、現地時間7月6日18時から「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の上映後、冒頭映像がスクリーンにかけられる。中国・上海では、静安区のエヴァ広場にて日本やフランス会場と同時刻に上映。上海のイベントは抽選チケット制となっており、すでに抽選は終了している。

庵野秀明が総監督を務める「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」は、東宝、東映、カラーの3社共同配給で2020年に公開。

※「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の「:||」はリピート記号が正式表記

この記事の画像(全3件)

関連記事

庵野秀明のほかの記事

リンク

関連商品

(c)カラー

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 / シン・エヴァンゲリオン劇場版 / 庵野秀明 / 高橋洋子 / 緒方恵美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。