映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

桜井日奈子が優等生と不良少女を演じ分ける、「ヤヌスの鏡」34年ぶりにドラマ化

423

左からヒロミ、ユミ。

左からヒロミ、ユミ。

桜井日奈子が、FODオリジナル連続ドラマ「ヤヌスの鏡」で主演を務めるとわかった。

1985年に杉浦幸主演でドラマ化された宮脇明子のマンガを、34年ぶりに映像化した本作。優等生の高校生・小沢裕美(ヒロミ)が、厳格な祖母に閉じ込められた納戸の中で鏡台を見つけ、“ユミ”というまったく別の人格を持った不良少女に変貌してしまう物語を描く。「医龍」シリーズの水田成英やドラマ「ファイブ」の佐藤さやかとおおはたしんじが演出を手がける。桜井は、おとなしいヒロミと、夜の繁華街に現れるユミという正反対な人格の演じ分けに挑戦。さらにアクションシーンにも挑んでいる。

この発表にあたり桜井は「誰でも多面をもっていると思います。それは、理性がきちんと働く普通の人でも少なからず心のバランスを保つのに必要だし、多面であって当たり前なのかもしれないな、と改めて思いました」とコメントした。

「ヤヌスの鏡」は8月よりFODにて配信。

桜井日奈子 コメント

ヒロミとユミ、同じ人間だけど対照的な2人が色々な人を巻き込んで本当の自分とは何か、葛藤する物語です。
原作はお話をいただいてから読みました。
ヒロミは今まで演じてきた役に近かったのですが、ユミは今までに演じたことがない挑戦的な役でした。
ユミの何にも動じない余裕と強さを表現するにはどうすればいいのか、強がりに見えないように気をつけました。衣装やメイクが特徴的なので、2人のスイッチの切り替えはそういったことで助けていただきました。
大人しい優等生でいようとするヒロミと対照的なユミの、それぞれの気持ちに寄り添うことは難しくはなかったです。
誰でも多面をもっていると思います。それは、理性がきちんと働く普通の人でも少なからず心のバランスを保つのに必要だし、多面であって当たり前なのかもしれないな、と改めて思いました。
誰もが抱える心の悩みに寄り添える作品になれると嬉しいです。

清水一幸(プロデューサー)コメント

子供の頃、テレビにくぎ付けになった作品の一つに「ヤヌスの鏡」がありました。「古代ローマの神・ヤヌスは…」で始まるナレーション、優等生と不良少女の二役を演じ、変わる主人公の姿にドキドキしたのを覚えています。
今回、34年の時を経て、改めて映像化に挑戦しようと企画しました。
そして、“主人公は誰に?”と考えたときに、この役柄はとにかく普段とのギャップ、不良少女のイメージからかけ離れている方に尽きる!と思い、それは…桜井さんしかいない!と思い、桜井日奈子さんにお願いしました。
実際の桜井さんの演技はとても素晴らしく、見事に二役を演じきってくれました。
普段は優等生の役が多い桜井さんの不良少女姿、こちらも必見です(笑)
皆様、楽しみにしていてください!

(c)宮脇明子/集英社 フジテレビ

映画ナタリーをフォロー