映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐野勇斗「ちはやふる」筑波役との出会いに幸せ感じる、批評家大賞で新人男優賞

898

佐野勇斗

佐野勇斗

第28回日本映画批評家大賞の授賞式が本日5月30日、東京・スパイラルホールにて開催され、新人男優賞の佐野勇斗M!LK)、新人女優賞の南沙良平手友梨奈欅坂46)が登壇した。

佐野は末次由紀のマンガを実写化した「ちはやふる -結び-」で筑波秋博役の演技が評価され、新人男優賞(南俊子賞)を獲得。マイクの前に立った佐野はトロフィーを握りしめながら「お芝居の仕事をして初めてこのような賞をいただけたので、この作品と筑波という役に出会えたことに幸せを感じています」と喜びを噛みしめる。同作で共演した広瀬すずら同世代のキャストの演技に刺激を受けたと明かし「同世代としてのプロ意識を感じるとともに、皆さんの素晴らしいお芝居の技術に肩を並べられるようにがんばりたいと思いました」と述懐。最後に「この賞をいただけたことを1つの自信とし、これからも多くの作品に出演させていただき、佐野勇斗という名前を日本中に轟かせることができるようがんばりたいと思います」と決意を新たにした。

映画初主演を務めた「響 -HIBIKI-」で新人女優賞(小森和子賞)に輝いた平手は、会場に向けて深々と頭を下げ登壇。「撮影から約1年経ったんですが、改めて関係者の方に感謝を伝えたいなと思いました。このたびは本当にありがとうございました」と語った。

同じく新人女優賞を獲得した南は、押見修造の同名マンガを原作とする「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」での演技が評価されて受賞。時折言葉を詰まらせては恥ずかしそうに「えへへ」とはにかみ、「この作品に関わったすべての皆様、そして作品をご覧いただいた皆様、全員の支えがなければ立っていられない場所だと強く実感しています」と語る。続けて「私は映画が本当に大好きで」と切り出し「まだまだ微力ではありますが、映画の素晴らしさを1人でも多くの方に伝えていけるように精進していきます」と宣言。このほか、佐野と同じく新人男優賞を受賞した「カメラを止めるな!」の濱津隆之、新人監督賞を獲得した「少女邂逅」の枝優花も登壇し、受賞の喜びを語った。

日本映画批評家大賞は、映画界を励ます目的のもと現役の映画批評家たちが選定する映画賞。映画ナタリーでは、表彰式全体の様子を追ってレポートする。

映画ナタリーをフォロー