映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐野勇斗ら“小さな恋のうたバンド”が恩師からの手紙に涙「大きな存在です」

739

「小さな恋のうた」公開記念舞台挨拶にて、左からトミコクレア、眞栄田郷敦、山田杏奈、佐野勇斗、森永悠希、鈴木仁、橋本光二郎。

「小さな恋のうた」公開記念舞台挨拶にて、左からトミコクレア、眞栄田郷敦、山田杏奈、佐野勇斗、森永悠希、鈴木仁、橋本光二郎。

小さな恋のうた」の公開記念舞台挨拶が、本日5月25日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの佐野勇斗M!LK)、森永悠希山田杏奈眞栄田郷敦鈴木仁トミコクレア、監督の橋本光二郎が登壇した。

MONGOL800の同名楽曲をモチーフにした本作は、沖縄の小さな町で結成された高校生バンドが、米軍基地に住む1人の少女と心を通わせるさまを描く物語。主人公・真栄城亮多役の佐野をはじめ、バンドメンバーを演じた役者陣は約半年間の練習を経て撮影に臨んだ。佐野は最初の練習でMONGOL800の上江洌清作からベースをプレゼントされたそうで「これはやるしかねーなって。がんばらざるを得ないというか……がんばろうと思って練習しました」と当時の心境を振り返る。

山田は「ほぼ初めてギターを触ったところから始まって。(MONGOL800の儀間)崇さんに『モンパチの曲は簡単だからね』と言われたんですけど、全然簡単じゃない(笑)。眞栄田さんも一緒にギター担当で、どんどん上達なさるので、負けないようにと思いながらやっていました」と切磋琢磨したことを述懐。音楽に対して苦手意識があったという鈴木も「みんなの演奏を見て、自分も練習しなきゃって。合同練習ではみんなと合わせることによって成長できたなと思います」と、ともに上達していったことを伝える。バンドメンバーと交流するアメリカ人の少女に扮したクレアは、そんな彼らに「みんなはすごいと思います! ファンです!」と労いの言葉を送った。

本作では、MONGOL800のサポートメンバーである宮内陽輔(ヨースケ@HOME)が劇中の音楽や曲のアレンジ、キャストの楽器指導を担当。眞栄田からは「キーが高くて声域を広げるのが大変だったけど、ヨースケさんにアドバイスをいただきつつ練習していました」と感謝の言葉が飛び出す場面も。そんな中、舞台挨拶ではサプライズとして、ヨースケ@HOMEからバンドメンバーを演じた5人への手紙が司会者によって代読された。1人ひとりに向けたメッセージが読み上げられると、山田は涙を拭いながら耳を傾け、眞栄田も目を真っ赤にしてヨースケ@HOMEからの言葉を噛みしめる。

手紙の感想を尋ねられた佐野は「ヤバいっすね」と声を絞り出し、「ヨースケさんは僕らの……お父さんとはちょっと違うんですけど、大きな存在で。ヨースケさんがいるからこそがんばろうと思えたし、大変なことも多くてぶつかったこともあったし……」と涙で言葉を詰まらせた。すかさず森永が「そういう気持ちになっちゃうよね。ヨースケさんだけでなく楽器指導の皆さんが熱意を持って教えてくださって。本当に大きな存在だったなと。講師の皆さんがいなかったらこういうバンドになれていなかったと思います」と、佐野のこみ上げる思いを代弁。最後に橋本は「音楽は世界を変えてくれると信じてこの映画を作りました。映画にもそういう力があると思い、みんなで魂を込めて作りました。僕たちの祈りが沖縄の人、日本中の人、世界中の人に届いたらうれしいです」と伝えた。

「小さな恋のうた」は全国で上映中。

(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

映画ナタリーをフォロー