写ったら死ぬ…呪われたポラロイドカメラの恐怖描くホラーが公開決定

68

ポラロイドカメラを題材にしたホラー「ポラロイド」が、7月19日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開される。

「ポラロイド」ポスタービジュアル

「ポラロイド」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

ごく普通の女子高生バードがバイト先のアンティークショップで、年代物のポラロイドカメラを見つけたことから物語が展開する本作。このカメラに夢中になった彼女は、楽しい思い出の瞬間を撮り始めるが、被写体になった友人が次々と悲惨な死を遂げてしまう。死んだ人々を捉えた写真には、必ず不可解な「影」が写りこんでおり、バードは被写体が死ぬたびに別の写真に影が移動することに気付く。

「僕のワンダフル・ジャーニー」のキャスリン・プレスコットがバードを演じたほか、ドラマ「ツイン・ピークス」のグレイス・ザブリスキー、ドラマ「EYEWITNESS/目撃者」のタイラー・ヤング、ドラマ「13の理由」のサマンサ・ローガンがキャストに名を連ねている。このたび公開されたポスタービジュアルには、暗がりに浮かび上がるポラロイドカメラとともに、「このカメラで撮れば、最高の瞬間が最期の1枚になる。」というコピーが添えられた。

メガホンを取ったのは、本作を経てリブート版「チャイルド・プレイ」の監督に抜擢されたラース・クレヴバーグ。クレヴバーグの長編デビュー作である「ポラロイド」は、自身が2015年に発表した同名短編をセルフリメイクした作品だ。なおこの15分の短編は、スペインのトレモリノスファンタスティック映画祭で最優秀ショートホラーフィルム賞を受賞している。

「ポラロイド」は現在、予告編がYouTubeにて公開中。なお「チャイルド・プレイ」も7月19日より全国で公開される。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

キャスリン・プレスコットのほかの記事

リンク

(c)2019 DPC SUB 1A1, LLC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ポラロイド / キャスリン・プレスコット / グレイス・ザブリスキー / タイラー・ヤング / サマンサ・ローガン / ラース・クレヴバーグ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。