映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

戸田恵梨香が明かす、初共演の大原櫻子は「なんて元気でフレッシュ!」

118

左から平松恵美子、大原櫻子、戸田恵梨香、田中直樹。

左から平松恵美子、大原櫻子、戸田恵梨香、田中直樹。

あの日のオルガン」の公開記念舞台挨拶が本日2月23日に東京・新宿ピカデリーで開催され、キャストの戸田恵梨香大原櫻子田中直樹ココリコ)、監督の平松恵美子が出席した。

第2次世界大戦末期、東京・戸越の保母たちが園児たちと集団疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた“疎開保育園”の実話を描いた本作。戸田は初共演となった大原について「保育士さんの体験をさせてもらったんですが、そのときもニコニコで走り回っているさくちゃん(大原)を見て、なんて元気でフレッシュな人なんだ!と思いました」とコメントする。

大原は、戸田にぶたれるシーンが印象的だったといい「いざ愛のビンタを受けたときに、人ってこんなに傷付くと同時に、愛情もすごく感じるんだなって思いました。カットがかかった瞬間はもう2人で笑っちゃって。すごく緊張したシーンでしたね」と撮影を振り返る。戸田も「女性に対しては初めてだったのでやっぱり緊張しましたね」と当時の心境を語った。そして田中は、「新しい時代になっても、変わらずやり続けたいことは?」との質問に「コンビを続けていきたいです」と答え、戸田からコンビ仲を心配されていた。

最後に戸田は「私たちは戦争があった時代のことをわかりきれないし、事実をすべて知ることはできないけど、少しでも知るということがすごく大事です」と、大原は「本当にさまざまな世代に観てほしいですし、知っていただかなければならない作品だと思います」と観客にメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「あの日のオルガン」は全国で公開中。

(c)映画「あの日のオルガン」製作委員会

映画ナタリーをフォロー