映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

劇場版「PSYCHO-PASS」Case.2、東地宏樹と関智一が有本欽隆との思い出語る

150

左から東地宏樹、関智一、監督の塩谷直義。

左から東地宏樹、関智一、監督の塩谷直義。

「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」の初日舞台挨拶が、2月15日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、東地宏樹関智一、監督の塩谷直義が登壇した。

本作は、約100年後の日本とアジアを舞台に、須郷徹平と征陸智己を軸として展開される物語。宜野座伸元と霜月美佳を軸にした「Case.1 罪と罰」、狡噛慎也を軸とした「Case.3 恩讐の彼方に__」との劇場3部作として公開された。

征陸智己役の有本欽隆が2月1日に食道がんで死去したことについて、須郷役の東地は「実感が湧かない。収録をしたのが2年半ほど前で、具合が悪いというのは聞いていましたが、必ず元気になって完成した頃には一緒に舞台挨拶ができるんじゃないかと微かな望みを持っていました」と話す。そして「作品を観てもらえば、僕が知っている有本欽隆という役者がそこにいます。よい加減のキャラクターを演じています」とメッセージを伝える。

狡噛役の関は自身がドモン・カッシュ役で主演を務めたアニメ「機動武闘伝Gガンダム」にて、有本が父であるライゾウ・カッシュ博士を演じて共演していたことを説明。「大先輩なので恐縮してしまうし、深い話はしたことなかったのですが『PSYCHO-PASS』のテレビシリーズ収録のときに『この話は何が面白いんだ、俺には全然わからんよ』と話しかけられました」と明かすと、会場から笑いが起こる。続けて「(テレビシリーズの)最後の頃には征陸の役を気に入っていて『とっても面白い』とよくお話しされていて視聴者と同じ目線で作品を楽しんでいたのかな」と述べた。さらに、「イベントのときに『人前で声援もらうなんて気持ちいいな』とおっしゃってました。お茶目なチョイ悪おじさんみたいな方でした」と思い出を語った。

塩谷は有本の印象を「収録現場にトレンチコート姿で台本だけ持ってサッと現れて、全部終わったらスッと帰られる。こんなに雰囲気のある方はいない、ダンディを絵に描いたような方でした」と述懐。そして、飲み会では1人だけボトルで焼酎を頼んでいたことを明かし、その際に「『誰がキャラクターの名前を考えてるんだ、すごいな!』とおっしゃってくださいました」と懐かしんだ。

本作を鑑賞した感想を東地は「老若男女に受け入れられる人間ドラマが描かれている」、関は「SF的な要素もたくさんありますが、みんなが抱えているフラストレーションみたいなものを観終わったあとにカタルシスに変えてくれる作品」とそれぞれ話した。

最後に関は「有本さんの最後を飾るにふさわしい作品」とコメント。東地は「欽隆さんも楽しんで観ていってくれよという気持ちが一番強いと思います。欽隆さんも劇場のどこかにいると思うので、一緒に作品を堪能していってください」と挨拶を締め、会場からは大きな拍手が湧き起こった。

(c)サイコパス製作委員会

映画ナタリーをフォロー