映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「シティーハンター」神谷明、若さの秘訣は?飯豊まりえはハンマーでツッコミ

1191

「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」完成披露舞台挨拶の様子。左から北条司、伊倉一恵、神谷明、飯豊まりえ、徳井義実。

「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」完成披露舞台挨拶の様子。左から北条司、伊倉一恵、神谷明、飯豊まりえ、徳井義実。

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」の完成披露舞台挨拶が本日1月29日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、キャストの神谷明伊倉一恵一龍斎春水小山茉美飯豊まりえ徳井義実チュートリアル)、原作者の北条司、監督のこだま兼嗣が登壇した。

本作では、裏社会の始末屋(スイーパー)であり無類の女好きである冴羽リョウと、彼の相棒・槇村香の活躍が描かれる。イベントは、リョウの格好をした徳井がバブリーな衣装の女性たちをはべらせながら登場し、飯豊から100tハンマーで叩かれる小芝居からスタート。優しく叩く飯豊を見たリョウ役の神谷は「香もこれだけ優しければなあ」とうらやましがりつつ、「最後までもっこり! 楽しんでください」と挨拶する。

オファーを受けたときのことを「びっくりしたのとうれしさと、あと不安も襲ってきました」と振り返る神谷は「当時のように表現することができるだろうかと。でもうれしさが勝って、1年かけて今できるベストのリョウちゃんを作りました」と述懐。さらに若さの秘訣を尋ねられた神谷は「お客様に引っ張られて若さを保ってます。もっこりエキスを!」と答え、笑いを誘う。香役の伊倉は、当初は不安だったという神谷の言葉に同意しつつ「スタジオに入ってみんなの顔を見たら『あら? 大丈夫かも』って。思いっきり暴れさせていただきました」と語った。

野上冴子役の一龍斎が「冴子が大好きなんです。同じメンバーでやろうって言ってくださった神谷さんに感謝ですよね」とほほえむと、隣で聞いていた徳井は、一龍斎の声に思わず「もっこりしますね」とつぶやく。一龍斎が「ここにも色っぽいお姉さんがいます」と美樹役の小山に話を振ると、小山は「皆さん本当に声が変わってなかったですけど、美樹はちょっと大人になっちゃったかも(笑)」と謙遜しながら、「まりえちゃんがすごくよかった!」と飯豊を称賛した。

続けて神谷も「実は僕、(飯豊が)練習しているところをこっそり見てたんです。ワンシーン聞いただけで『やった!』と思いました。若さやかわいらしさがあふれていますし、演技も抜群で素晴らしいです!」と絶賛。オリジナルキャストたちからの賛辞に恐縮しながら、飯豊は「神谷さんがいらっしゃったことを知らなくって。ドアが開いて『見てましたよ』って言われたときはドッキリだと思いました(笑)。でも、うれしかったです! 一生忘れられない出来事でした」と笑顔を見せた。

こだまは「香の『時代の空気読まんかい!』というセリフがありますが、ちょっと不安な部分もあったんです。でもリョウからもっこりを取ったら何もなくなるので(笑)。今の時代でももっこりは通用する、通用させてみせると思って引き受けました」と製作の裏側を明かす。北条は「(当時から)何も変わらない。ファンの方への恩返しというのが第一義ですが、満足していただけるのではないかと」と太鼓判を押した。最後に神谷は「北条先生がおっしゃったように、当時の『シティーハンター』がなんの違和感もなくスライドしています。20年ぶりに帰ってくることができて、こんなにうれしいことはありません。エンディングで流れる『Get Wild』には、こだま監督の愛があふれていますので、ぜひお見逃しなく!」と観客へ語りかけ、イベントの幕を引いた。

「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」は2月8日より全国でロードショー。

※冴羽リョウのリョウは、けものへんに「僚」のつくりが正式表記

(c)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

映画ナタリーをフォロー