映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

鈴木拡樹ら「刀剣乱舞」公開を鏡開きでお祝い、廣瀬智紀は定本楓馬に「ふうまたん」

2292

左から荒牧慶彦、鈴木拡樹、北村諒。

左から荒牧慶彦、鈴木拡樹、北村諒。

映画刀剣乱舞」の初日舞台挨拶が本日1月18日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、キャストの鈴木拡樹荒牧慶彦北村諒和田雅成岩永洋昭定本楓馬椎名鯛造廣瀬智紀、監督を務めた耶雲哉治が登壇した。

本作は、名高い刀剣が“刀剣男士”に姿を変え、歴史を改変しようともくろむ時間遡行軍と戦うゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を実写化したもの。三日月宗近役の鈴木は、イベントの模様が全国51劇場でライブビューイングされていることに触れながら「本当にたくさんの会場で上映していただいてありがたく思います。大事な初日なので、トークも盛り上げていければと思います」と挨拶する。へし切長谷部役の和田は「今日は長谷部にとって大事な日。あと、本日はサッカー選手の長谷部誠さんのお誕生日らしいです。Twitterに“長谷部の日”とあって、1人で喜んでたんですがそちらの意味もあるようです」と話した。

鈴木は撮影を「寒かった」と振り返り、「あとお菓子をいっぱい配ったなという記憶がありますね」と撮影の合間に、共演者にお菓子やカイロを配り歩いたエピソードを披露。不動行光役の椎名はその姿に憧れていたと明かし「現場に拡樹と同じぐらいの大きさのカバンを持っていって、同じようにお菓子をいれて配ろうとしたんですが、なんだか俺のお菓子はみんなあんまりもらってくれなかった」と悔しそうに述べる。共演者たちが「そんなことないよ」「鯛ちゃんがやると遠足みたいだから」とフォローすると、観客から笑い声が上がった。

骨喰藤四郎役の定本は「約1カ月ちょい、本当に毎日『刀剣乱舞』漬けで濃密な時間でした。毎日一緒にいたので、みんなの距離がすごく縮まっていい時間を過ごせました」と述懐。定本のコメントを受け、鶯丸を演じた廣瀬が「“ふうまたん”も言ってたんですけど」と切り出すと、共演者は一斉に「何?」とツッコむ。薬研藤四郎役の北村が定本に「今までそんなふうに呼んでたっけ?」と聞くと、定本は「いや、今日初めて呼ばれました」と首を振る。めげない廣瀬は「ふうまたんも言ってたんですけど、撮影期間で関係性を築き上げられたので、今日も『3人寄ればかしまし娘』みたいな感じ。笑いの絶えない現場でした。続編だったり、新しい作品を作ることができればまたこのチームワークが見られるので、うきうきワクワクしますね」と語る。共演者たちは自由な廣瀬節に「そんな言葉ないよね?」「どこからツッコめばいいのかわからない」と話しながらも、うれしそうな笑みを浮かべていた。

イベントでは登壇者たちが甘酒入りの酒樽で鏡開きを行い、本作の公開を祝う場面も。最後に鈴木は「この作品は本当にたくさんの人に観ていただきたいと思っています。ご覧いただくのは撮影が終わって編集されたものなんですが、ここからもう1段、2段成長するためには皆様に観ていただいて、この作品に愛を込めていただくことが必要だと思います。ご覧いただいた方々で会話をしていただいて、どんどん世界観を広げていってください」と述べ、イベントを締めくくった。

(c)2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 (c)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

映画ナタリーをフォロー