映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

舞台は心霊スポット・犬鳴村…清水崇の新作ホラーが2020年公開

578

「呪怨」シリーズで知られる清水崇の監督作「犬鳴村」が、2020年に公開されることがわかった。

本作の舞台は、福岡・旧犬鳴トンネルの先に位置するとされる“犬鳴村”。「すべての携帯電話が圏外になる」「霊能者が心霊番組収録中に体調不良になり、テレビ中継がキャンセルになった」といったうわさがある心霊スポットだ。

このたび、本作の英語タイトルが「HOWLING VILLAGE」に決定し、海外用のティザービジュアルが解禁された。キャストやストーリーなどの詳細は現時点では明らかになっていない。

なおプロデューサーの紀伊宗之は、本作について「清水監督の最も強いテーマで勝負したいと思った。作り物でなく、軽くなく、長く続く日本固有の『何か』を。そして『犬鳴村』にたどり着いた」とコメントしている。

(c)2020「犬鳴村」製作委員会

映画ナタリーをフォロー