映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

錦戸亮、船越英一郎、新木優子がクランクイン、月9「トレース~科捜研の男~」

1147

「トレース~科捜研の男~」クランクインの様子。左から船越英一郎、錦戸亮、新木優子。

「トレース~科捜研の男~」クランクインの様子。左から船越英一郎、錦戸亮、新木優子。

錦戸亮が主演を務めるフジテレビ“月9”枠のドラマ「トレース~科捜研の男~」が、クランクインした。

古賀慶によるマンガ「トレース 科捜研法医研究員の追想」をもとにした本作は、犯罪の痕跡を科学的に捜査する科学捜査研究所・通称「科捜研」を舞台にしたサスペンス。錦戸扮する陰惨な過去を持つ科捜研法医研究員・真野礼二が犯罪に隠された謎を解き明かすさまが描かれる。小雪、山崎樹範、岡崎紗絵、山谷花純、加藤虎ノ介、遠山俊也、篠井英介らもキャストに名を連ねた。

このたび、錦戸、科捜研新人法医研究員・沢口ノンナ役の新木優子、ベテラン刑事・虎丸良平役の船越英一郎が3人そろってクランクインし、真野と虎丸が事件解決に向け対立するシーンが撮影された。科学捜査研究所前の駐車場で、上下紺色の臨場服に身を包んだ錦戸と新木、革のジャケットを羽織った船越、さらに虎丸の部下・猪瀬祐人役の矢本悠馬が登場すると、スタッフから拍手が起こる。彼らは笑顔にガッツポーズで写真撮影に応じた。

だが、カメラが回り始めるとその雰囲気は一変し、撮影現場は緊張感に包まれる。「臨場」と呼ばれる現場捜査の準備のため車に荷物を積む真野とノンナ。まだ犯人像がつかめない中で、虎丸は被害者の婚約者が殺したのだと決め付ける。しかし、真野は証拠もないのに結論を急ごうとする虎丸にいらだち、さらに猪瀬が被害者の名前を間違えたことに怒りをあらわにし、虎丸らをにらみつける。そして、虎丸が真野に「こらあ、小僧!」と詰め寄る迫真の演技が展開された。

一方、車に脚立や大きな荷物を積む新木がスタッフから「慣れてないなー」とツッコまれる場面や、虎丸ににらまれても黙々と準備する真野の姿に船越が「無視されてるんだよねー、俺けっこう年上だぞ」とつぶやき、笑いを誘う一幕も。撮影の合間にはキャストとスタッフ同士が談笑するなど、チームワークのよさを見せつけた。

「信長協奏曲」の松山博昭らが演出を担当する「トレース~科捜研の男~」は、1月7日に放送スタート。

トレース~科捜研の男~

フジテレビ系 2019年1月7日(月)スタート 毎週月曜 21:00~

(c)フジテレビ

映画ナタリーをフォロー