映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ふた僕」久保田悠来が“佐野岳くん”連呼、水樹奈々は「ようやくお届けできる!」

507

左から水樹奈々、佐野岳、久保田悠来、大森研一。

左から水樹奈々、佐野岳、久保田悠来、大森研一。

ふたつの昨日と僕の未来」の先行プレミア上映イベントが本日12月3日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催され、キャストの佐野岳久保田悠来、監督の大森研一、主題歌を担当した水樹奈々が出席した。

愛媛県が舞台の本作は、現実世界とパラレルワールドで奔走する若者の姿を描くファンタジー。佐野は、全国公開を控えた現在の心境を「いよいよだなと。僕の“ふた僕”魂も燃え尽きて……(笑)。違う、燃え上がっていく感じです!」と言い間違いで観客を笑わせながらも熱く語る。久保田は佐野のフルネームを必要以上に連呼しながら「佐野岳くんのこの魂を燃え尽きさせようと思います」と意気込み、本人から「佐野岳くんって言いたいだけじゃないですか!」とツッコまれていた。愛媛出身の水樹は「私の出身地が舞台の映画をようやく皆さんにお届けできます!」と笑顔を見せ、「青春のほろ苦さを感じていただけるような、泥まみれでも立ち上がっていく姿を曲に込められたらいいなと思ってました」と主題歌「サーチライト」への思いを明かす。

イベント中盤には、大森が佐野と久保田について「2人は仲がいいからかニヤニヤしながら演じていて……」と暴露する場面も。佐野は慌てた様子を見せたあと「(2人とも)以前共演したところから成長しているかなと。一部のファンの方にはそこも見どころです」とすかさず作品をアピールする。一方の久保田は淡々とした口調で「ひさしぶりに会った佐野岳くんが眩しすぎて、目が見れませんでした。今は見れます。演技のときは違う光りを放つので」と続けて観客の笑いを誘った。また、すでに先行公開されている愛媛では上映後に拍手が起こるそうで、佐野は「東京でも拍手が起きればいいなと思っちゃいます」と目を輝かせながら客席を見渡した。

最後に佐野は「ななななんと! 12月22日と23日に舞台挨拶に登壇することが決まりました!」と発表してファンを喜ばせる。愛媛で行われた舞台挨拶ではこの告知を忘れてしまったといい、「東京では言えたー!」と満足そうに笑う佐野。そんな彼を見ながら、久保田は「佐野岳さんがシネマート新宿に! 水樹奈々さんもシネマート新宿に!?」と驚きの声を上げ、「僕は行けないんです」と小声で付け加えた。

「ふたつの昨日と僕の未来」は、12月22日より東京・シネマート新宿ほかでロードショー。なお22日にはシネマート新宿と神奈川のシネマ・ジャック&ベティ、23日には大阪・シネマート心斎橋、愛知・センチュリーシネマ、ユナイテッド・シネマ豊橋18で舞台挨拶が行われる。詳細は映画公式サイトでご確認を。

(c)2018 映画「ふたつの昨日と僕の未来」製作委員会

映画ナタリーをフォロー