ビートたけしが黒澤明を語るインタビュー、週刊文春エンタ!に掲載

132

週刊文春エンタ!が11月29日にローソン限定で発売される。

ビートたけし (c)文藝春秋 白澤正

ビートたけし (c)文藝春秋 白澤正

大きなサイズで見る(全3件)

1993年春に行われたビートたけし(左)と黒澤明(右)の対談の様子。(c)文藝春秋

1993年春に行われたビートたけし(左)と黒澤明(右)の対談の様子。(c)文藝春秋[拡大]

同誌は、文藝春秋が1年に1度発刊するエンタテインメントムック。今回は、ビートたけしが没後20年を迎えた黒澤明について語ったインタビューのほか、25年前に行われた2人の対談「映画は粋でなければ」が掲載された。1993年に、たけしは映画監督・北野武として「ソナチネ」を発表。対談では、同年に遺作「まあだだよ」が公開された黒澤と、演技論や技術論、撮影秘話について語っている。

「週刊文春エンタ!」書影 (c)文藝春秋

「週刊文春エンタ!」書影 (c)文藝春秋[拡大]

さらに同誌には、大泉洋が主演作「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を語ったインタビュー、映画史・時代劇研究家の春日太一とアニメ・読書好きとして知られるTBSアナウンサー・宇垣美里の対談「この映画・アニメ、私たちはこんな風になったんです」も掲載。週刊文春で展開されている映画評シネマチャートの正月企画「正月映画10本を本気で格付け!『ガチンコシネマチャート』」も読むことができる。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ビートたけしのほかの記事

リンク

関連商品