映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

宮野真守が櫻井孝宏の声の“音色”にうっとり「心をかき乱された」

1195

劇場アニメ「GODZILLA 星を喰う者」の公開記念舞台挨拶が本日11月10日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、キャストの宮野真守櫻井孝宏花澤香菜上田麗奈小澤亜李、監督の静野孔文瀬下寛之が登壇した。

2017年より3部作で展開されてきたアニメ「GODZILLA」シリーズ。最終章にあたる本作が11月9日に封切られ、主人公ハルオ役の宮野は「ずっとハルオの気持ちが奥底にあった2年間。ハルオとともに生きていたんだなと再確認しました」と率直な思いを伝える。

舞台挨拶では、予告編に登場するいくつかのシーンがスクリーンに映し出された。櫻井演じるメトフィエスが祈りを捧げる場面になると、櫻井は「これは南無南無ですね」と言いながら祈りのポーズをまねしてみせる。メトフィエスの声の“音色”を心地よく感じていたという宮野は「ハルオと対立してもメトフィエスの言葉に棘がない。そこが逆に心をかき乱された。この音色を出せる声優は世界に櫻井さんしかいない」と絶賛。対する櫻井も「宮野くんが現場の雰囲気やお芝居の方向性をすべて作り上げたと思っています」と伝えて宮野を笑顔にさせた。

本日は午前から続けて舞台挨拶が行われており、花澤は「観終わったあとのお客様のポーッとした顔が印象的で。そうなりますよ、皆さん?」と鑑賞前の観客の期待を煽る。上田は「揺れ動くハルオに影響されて私たち(の演技)も変わっていきました」と宮野の演技から受けた刺激を回想。小澤は「台本を読むと胸が苦しくなりましたが、監督たちがフレンドリーで。そのかわいらしさが心を軽くしてくれました」と感謝した。

瀬下は小澤の言葉に満面の笑みを見せながら「どうすべきか検討の連続でした。ただ、背負いすぎないように、このアニメはゴジラというキャラクターから生えているたくさんの幹の1つであると捉えて取り組みました」と制作過程を述懐。静野も「虚淵(玄)さんのシナリオが非常に強烈だったので、そこはいっさい崩さず進めていこうと、瀬下さんと一緒に映像作りに励みました」と本シリーズにおける自分たちのポリシーに言及した。

(c)2018 TOHO CO., LTD.

映画ナタリーをフォロー