映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「平ジェネ」滝藤賢一が新イマジン・フータロス役声優に、大森Pがオファー経緯語る

613

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」にて、滝藤賢一がゲスト声優を務めているとわかった。

テレビ朝日系で放送中の「仮面ライダージオウ」と前作「仮面ライダービルド」がクロスオーバーする本作。滝藤は、映画オリジナルキャラクターであるイマジン“フータロス”に声を当てる。「仮面ライダー電王」に登場したイマジンとは、未来からやってきた人類の精神体。契約した人間に「お前の望みを言え……」と迫り、その願いを果たすことで過去にタイムスリップして歴史を改変する。なお本作には「電王」でおなじみのモモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス役のオリジナル声優キャスト、関俊彦遊佐浩二てらそままさき鈴村健一も参加を果たした。

この発表にあたり滝藤は「オファーをお聞きした時に、“俳優人生22年。ついに私も仮面ライダーに!”と熱い想いが胸に込み上げました」とコメント。仮面ライダーに関する思い出として、「『仮面ライダーゴースト』のショーを家族で見に行った時、悪者が客席から出てきて、まだ幼稚園前だった子供がビビッて、おじいちゃんの膝の上でおしっこを漏らしたことです(笑)」というエピソードを披露している。

またこの起用に関して、プロデューサーの大森敬仁もコメントを発表。「『もしかして滝藤さんってデビュー20周年で20作記念の映画と相性抜群なんじゃ!?』と、下心丸出しでオファーさせていただいたところ、ナンと全然違っていたのですが、ナンとナンとご快諾いただきました。『おもしろそうだから』というシンプルな理由をうかがった時は、自分の下心を恥ずかしく思いましたが、でも、この理由って演じていただく電王の怪人・イマジンたちの行動原理と一緒なんです!」と出演決定までの経緯を明かした。

山口恭平が監督を務め、下山健人が脚本を担当した「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」は、12月22日より全国ロードショー。

滝藤賢一 コメント

オファーをお聞きした時に、“俳優人生22年。ついに私も仮面ライダーに!”と熱い想いが胸に込み上げました。仮面ライダーの思い出としては、「仮面ライダーゴースト」のショーを家族で見に行った時、悪者が客席から出てきて、まだ幼稚園前だった子供がビビッて、おじいちゃんの膝の上でおしっこを漏らしたことです(笑)。
アフレコの中で戦うシーンは、とても難しかったですが、実際に戦われたスーツアクターの方に色々アドバイスをしていただきながら臨みました。

大森敬仁(プロデューサー)コメント

カメレオンより多くのカラーに変色できる滝藤賢一さんを、「仮面ライダー」シリーズはずっと狙ってました。
一癖も二癖もあるキャラクターを演じきる魅力は、二面性を持つことが多い同シリーズのキャラクターにはきっと合うはずだからです。
今回、「もしかして滝藤さんってデビュー20周年で20作記念の映画と相性抜群なんじゃ!?」と、下心丸出しでオファーさせていただいたところ、ナンと全然違っていたのですが、ナンとナンとご快諾いただきました。
「おもしろそうだから」というシンプルな理由をうかがった時は、自分の下心を恥ずかしく思いましたが、でも、この理由って演じていただく電王の怪人・イマジンたちの行動原理と一緒なんです! 何より“楽しむ”ことをアフレコルームでも表現してくださった滝藤さんのイマジン・フータロス、必見&必聴です。

「ジオウ&ビルド」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

映画ナタリーをフォロー