映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中村獅童がヴェノム姿で「なかなか暖かい」、諏訪部順一と中川翔子は恐怖におののく

1404

「ヴェノム」ジャパンプレミアにヴェノムの扮装で登場した中村獅童(中央)と、共演者の諏訪部順一(右)、中川翔子(左)。

「ヴェノム」ジャパンプレミアにヴェノムの扮装で登場した中村獅童(中央)と、共演者の諏訪部順一(右)、中川翔子(左)。

ヴェノム」のジャパンプレミアイベントが、本日10月22日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、日本語吹替版キャストの中村獅童諏訪部順一中川翔子らが出席した。

マーベルコミックに登場する残虐なダークヒーロー・ヴェノムの誕生を描いた本作。会場には巨大なヴェノムをかたどったトラックが停車し、まずはそこから諏訪部と中川が姿を現す。駆け付けた大勢のファンが盛り上がる中、続いて獅童が登場。顔の半分をヴェノムのマスクでおおい、さらにヴェノムスーツを着用して気合い十分の獅童は「昼間の13時半から支度していました。なかなか暖かいです」と素朴な感想を口にした。

スパイダーマン好きで知られる獅童は、その宿敵となるヴェノムの吹替を担当。「スパイダーマンが本当に大好きなので、微力ながらも力になれたらという気持ちで精一杯やらせていただきました」と思いの丈を語った。そんなヴェノムと“一体化”する主人公エディ・ブロック役の諏訪部は巨大ヴェノムや獅童の扮装を眺めながら「日本中のちびっ子がおしっこ漏らしちゃうかもしれない」と恐ろしさを表現し、「観ていただけるとわかりますが、エディとヴェノムが非常にいいバディとなっております。獅童さんと映画の中でもそういう感じで共演できているかと思います」と自信をうかがわせる。

エディの彼女アン・ウェイングに声を当てた中川は「さっきエレベーターで後ろに獅童さんがいたので怖かったです」と嘆きつつ「(オファーを受けて)リアルに万歳しました。マーベルファンの『芸能人の吹替は許せない!』という気持ちは私もわかりますので、顔が浮かばないようナチュラルにできるように、納得いくまで監督からビシバシと(指導して)いただきました」と熱弁。獅童演じるヴェノムについては「ヴェノムも獅童さんも持ってる魅力があって、ちょっと怖いけど、かわいいに変わってくる。寄生していただきたい!となってくる快感がありました」と述べた。

ここで日本語吹替版の主題歌を担当したUVERworldも会場へ。主題歌「GOOD and EVIL」について、メンバーのTAKUYA∞は「普段自分たちが主軸としているテーマとは違う世界観での曲作りだったので、『ヴェノム』の世界観を壊さないようにしながら、自分たちにないものを出せるよう心がけて作りました」と説明した。

そして登壇者たちはレッドカーペットならぬ“ブラックカーペット”を歩いてファンと交流の時間を楽しむ。獅童は「最高でした!」と満面の笑みを見せ、最後は「俺たちは!」「ヴェノムだ!」と観客とコールアンドレスポンスで“一体”になりイベントを締めた。

「ヴェノム」は11月2日より全国ロードショー。

(c)&TM 2018 MARVEL

映画ナタリーをフォロー