映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

倉科カナが「あいあい傘」プロデューサーからの手紙に「なんてことしてくれるんだ!」

134

「あいあい傘」公開直前イベントの様子。左から立川談春、倉科カナ、市原隼人。

「あいあい傘」公開直前イベントの様子。左から立川談春、倉科カナ、市原隼人。

あいあい傘」の公開直前舞台挨拶が本日10月22日に東京のTOHOシネマズ 新宿にて行われ、キャストの倉科カナ市原隼人立川談春原田知世、監督を務めた宅間孝行が登壇した。

本作は25年前に失踪した父を探す主人公・高島さつきと、新しい家族とともに生活していた父・東雲六郎の再会を描く人間ドラマ。自身が演じたさつきと境遇が似ていると明かした倉科は「自分の中にあるしこりを糧にして演じられる役柄でした。個人的な気持ちですけど救われた思いがあります」と語った。宅間は公開を控えた心境を「なるべく息長く、たくさんのお客さんに観てもらいたい。正直、楽しみなのと怖いのとが半々です」と述べる。すると倉科が横から「大丈夫です!」と語りかけ、「なんで大丈夫なんですか?」と驚く宅間に「それぐらい自信がある作品だからです!」とほほえんだ。

さつきにひと目ぼれする雨宮清太郎役の市原は「ずっと昔から知っていたかのような空気感で撮れたので、皆さんに会うのが楽しみだった」と撮影を回想。続けて「長回しで6分半ある重要なシーンを居酒屋で撮って、そのあと店が開店してから閉店まで飲みました」と明かす。六郎を演じた談春は、MCから「その場にいらっしゃったんですか?」と問われると、「呼ばれねえよ、俺は」とふてくされるフリをした。市原が「談春さんはそのシーンの撮影が無かったんです」とフォローするも、談春は「倉科カナと市原隼人だからいいけど、開店から閉店までいるなんてそんな迷惑な客いないよ!? 浅草だったら鼻血が出るほど引っぱたかれるよ!」と“忠告”する。しかし、倉科が浅草の居酒屋だったと思い返すと、談春は「浅草なのかよ!」と呆気にとられた様子だった。

六郎の内縁の妻・玉枝を演じた原田は、役と自分の共通点について「人と人との縁を大切にするってすごく大切で、縁をつないでいくことを今後も大切にしていきたいと思っています。玉枝さんはまさにそういう人で、共感できるところがありました」と述べる。宅間が「知世さんが現場で作り出してくれる空気感がそのままスクリーンに出ているという感じ。本当にもう、天使……女神? なんだろう……」と言葉を探していると、原田は「もう十分です。本当に」と謙遜。隣の談春が「菩薩っていうのはどう?」と提案すると、観客から笑い声が起きた。

ここで、本作の宣伝活動を精力的に行う倉科に向けて、プロデューサーからの感謝の手紙が読み上げられた。「高島さつきを演じたのがあなたで本当によかった。この作品との出会いを縁だと感じてくれたこと、心より感謝します」などの言葉を受け、倉科は「本当にうれしいです。なんてお伝えしたらいいんだろう……」と言葉を詰まらせたあと、「これからも宣伝がんばれってことですよね!」とジョークを飛ばす。そして「舞台挨拶がんばろうと思っていろいろ言葉を用意してたのに、出てこないです。なんてことしてくれるんだ!」と照れ笑いを浮かべた。

「あいあい傘」は10月26日より全国にてロードショー。

(c)2018 映画「あいあい傘」製作委員会

映画ナタリーをフォロー