映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

竹内まりや、倉科カナ主演「あいあい傘」に主題歌提供「願いと祈りを込めました」

65

竹内まりや

竹内まりや

竹内まりや倉科カナの主演作「あいあい傘」に主題歌を書き下ろしたことがわかった。

「あいあい傘」では25年前に失踪した父を探す高島さつきが、新しい家族とともに生活していた父・東雲六郎と再会するさまが描かれる。さつきを倉科、六郎を立川談春が演じ、市原隼人原田知世らがキャストに名を連ねた。メガホンを取ったのは、2007年に上演された舞台版で主演・演出・脚本を担当した宅間孝行

竹内が書き下ろした楽曲のタイトルは「小さな願い」。彼女の夫である山下達郎が編曲とプロデュースを担当した。竹内は「人間はたとえ自分が幸せでも、愛する誰かが不幸せならば本当の幸福感は得られないからこそ、祈らずにはいられないのでしょう。そんな大切な人への『願いと祈り』を歌の中に込めました」とつづっている。なおYouTubeでは同曲を聴ける特報映像が公開中だ。

「あいあい傘」は10月26日より全国にてロードショー。

竹内まりや コメント

人が人を想う気持ち……映画「あいあい傘」の中でたびたび感じたそのテーマを歌にしたのが「小さな願い」です。
複雑な事情を背負いながら生きる人達、思いに任せぬ世の中を生きる人達など、この映画には心に荷物を抱えた様々な人間の姿が描かれているのですが、どこかに救いと希望が感じられるのは、それが宅間監督の「願い」だからだと感じています。人間はたとえ自分が幸せでも、愛する誰かが不幸せならば本当の幸福感は得られないからこそ、祈らずにはいられないのでしょう。そんな大切な人への「願いと祈り」を歌の中に込めました。
聴いて下さる方々に、どこか少しでもあたたかい気持ちになっていただけたら幸いです。

(c)2018 映画「あいあい傘」製作委員会

映画ナタリーをフォロー