映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

稲垣吾郎×要潤×勝地涼がシェアハウスで血液型トーク、プライベートな話も飛び出す

1506

「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」

「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」

稲垣吾郎要潤勝地涼が共演するドラマ「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」が、12月7日よりAmazonプライム・ビデオにて独占配信される。

シェアハウスが舞台の本作は、稲垣演じるO型のIT社長ゴロー、要扮するA型の整体師ジュン、そして勝地演じるAB型の花屋リョウが、血液型をテーマにしたトークを繰り広げるさまを描くシチュエーションバラエティドラマ。稲垣らのほかにはシェアハウスの4人目の入居希望者として、柄本時生森崎ウィン壇蜜水嶋ヒロ皆川猿時蛭子能収、Mr.マリックと娘のLUNA、根本宗子みやぞんANZEN漫才)、草なぎ剛がゲスト出演する。

劇中には、キャストたちがプライベートトークをアドリブで展開するシーンも織り交ぜられる。稲垣は「今の時代にあった新しい形のドラマができたという実感があり、とても楽しかったです。最終話に草なぎくんがゲストとして出演してくれたのですが、彼と一緒のお芝居は滅多にないことなのでとても不思議な感じでした」とコメント。要は「耐久レース並みのスケジュールでしたが、マラソンを完走した後のような達成感がありました」と、勝地は「今までに経験したことない撮影で、色々な可能性が広がると思いました。ぜひセカンドシーズンもやれれば!と思います」と撮影を終えた感想を語った。

「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」は全10話一挙配信。企画と脚本は鈴木おさむが担当した。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

稲垣吾郎 コメント

今の時代にあった新しい形のドラマができたという実感があり、とても楽しかったです。最終話に草なぎくんがゲストとして出演してくれたのですが、彼と一緒のお芝居は滅多にないことなのでとても不思議な感じでした。現場でみんなで作り上げた“手作り”な作品になったと思うので、ぜひ配信を楽しんでいただければと思います。

要潤 コメント

耐久レース並みのスケジュールでしたが、マラソンを完走した後のような達成感がありました。斬新な企画で、間違いなく記憶に残る作品になったので、自分自身も配信を楽しみにしています。

勝地涼 コメント

膨大なセリフ量で、覚えるのが大変でしたがとても刺激的な毎日でした。今までに経験したことない撮影で、色々な可能性が広がると思いました。ぜひセカンドシーズンもやれれば!と思います。

(c)2018東京BTH製作委員会

映画ナタリーをフォロー