映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

韓国版「ゴールデンスランバー」公開決定、主演はカン・ドンウォン

514

伊坂幸太郎の同名小説を映像化した韓国映画「ゴールデンスランバー」が、2019年1月12日に公開される。

カン・ドンウォンが主演を務める本作は、国家権力の陰謀に巻き込まれた平凡な宅配ドライバー・ゴヌを主人公とした逃走劇。人気アイドルを強盗から救い出し、国民的ヒーローになった優しく誠実なゴヌだったが、目の前で発生した爆弾テロの犯人に仕立て上げられてしまう。大統領直属の機関である国家情報院はゴヌを暗殺犯と断定し、マスメディアの報道は過熱。陰謀に気付いたゴヌが、巨大な国家権力に立ち向かうさまが活写される。

日本でも、2010年に堺雅人主演、中村義洋監督で映画化された「ゴールデンスランバー」。伊坂は「オリジナルのアイディアが盛り込まれ、カン・ドンウォンさんの魅力が炸裂するソウル版『ゴールデンスランバー』、楽しませていただきました!」とコメントを寄せている。

ノ・ドンソクが監督を務めた「ゴールデンスランバー」は、東京・シネマート新宿ほか全国で順次ロードショー。カン・ドンウォンのほかキム・ウィソンキム・ソンギュンキム・デミョンハン・ヒョジュユン・ゲサンがキャストに名を連ねた。

※記事初出時、人名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

(c)2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリーをフォロー