映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

韓国民主化の火種となった警察による拷問致死事件描く「1987」公開

217

「1987、ある闘いの真実」

「1987、ある闘いの真実」

「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督最新作「1987、ある闘いの真実」が9月8日に公開される。

1987年軍事政権下の韓国を舞台に、警察による大学生の拷問致死事件を巡る実話を描いた本作。事件をきっかけに韓国全土で民主化の気運が高まっていくさまを追う。北分子の徹底排除に信念を燃やす警察所長パクにキム・ユンソク、事件を疑問視し検死解剖を命じる検事チェにハ・ジョンウが扮した。そのほかデモに立ち上がる大学生役でカン・ドンウォン、警察にマークされている運動家役でソル・ギョング、危険を顧みず運動家に手紙を運ぶ看守役でユ・ヘジンが出演している。

「1987、ある闘いの真実」は東京・シネマート新宿ほか全国で順次ロードショー。現在、特報がYouTubeにて公開中だ。

(c)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリーをフォロー