映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「パーフェクトワールド」岩田剛典、夢叶えた杉咲花と坂東希へ「スーパー同級生」

4871

左から岩田剛典、杉咲花。

左から岩田剛典、杉咲花。

パーフェクトワールド 君といる奇跡」の公開直前イベントが、本日9月26日に東京・ステラボールにて開催され、キャストの岩田剛典EXILE三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)と杉咲花、主題歌を担当するE-girlsが登壇した。

有賀リエのマンガを実写化した本作は、事故に遭い車椅子生活を送る建築士・鮎川樹と、彼を一途に思い続けるインテリアコーディネーター・川奈つぐみの姿を描くラブストーリー。イベント冒頭ではE-girlsが主題歌の「Perfect World」を生披露したのち、キャストの2人がステージに上がった。舞台袖でパフォーマンスを観て感動したという樹役の岩田は「正面から観たかったな、という切ない事情もありますが……」と述べたほか、彼の一挙一動に黄色い悲鳴を上げるファンを見て「何か起きてるのか!?」とびっくり。つぐみ役の杉咲は、先日鑑賞したE-girlsのライブを回想しつつ「そのときに感動してE-girlsさんの虜になったんですが、今日は舞台袖というなかなかない場所から観させていただいて、鳥肌が立ちました」と感想を語った。

トークの中盤から、E-girlsのメンバーが再登場。メンバーとともに映画を鑑賞した鷲尾伶菜は「タイトルの意味を考えさせられて、どんな環境でも2人の愛があればそこは“パーフェクトワールド”なんだなと改めて思った」とコメント。また藤井夏恋が「いつか私たちも本当の愛をつかめるようにがんばりたい」と言うと、佐藤晴美が「まだつかめていないようですね!(笑)」と付け加えた。

「虹色デイズ」などで女優としても活躍する坂東希は、杉咲の高校の同級生。杉咲が「学校の帰り道に『いつか私が出た作品の主題歌をのんちゃんたちが担当するってことが実現できたらいいね』って話していたんです。その夢が叶ってほんっとうにうれしいですね」と明かすと、岩田も「スーパー同級生ですね」と言って2人を見る。本作の宣伝隊長を務める坂東は「こんなところで『ひさしぶり!』なんて言うのが変な気分です」と照れ笑いを浮かべた。

ここで登壇者たちへ、人生で泣きそうになるくらい感動した出来事に関する質問が。本作のクランクアップと答えた杉咲は「今までにないくらい話し合いを繰り返しながら撮影して、気付いたら現場が大好きになって、終わったときには泣いてしまいました。あとから聞いたのですが、岩田さんは先にクランクアップしていたのに、私の最終日に駆け付けてくれようとしていたそうで。なんて優しくて素敵な方々が集まっていたんだろうと思いました」と振り返る。惜しくも間に合わなかったという岩田は「間に合ったらカッコよかったのかもしれないですけどね……」と残念そうにコメント。また同じ質問に岩田は、三代目 J Soul Brothersのオーディションに合格したときだと答え「(EXILE)HIROさんから発表されたときは張り詰めていた緊張感が解けて、いきなり涙がドバッと出たんですよ」と説明した。

最後に岩田は「登場人物の誰か1人には絶対に感情移入できる作品」「何より花ちゃんが最高にかわいいと思います。花ちゃん史上一番かわいい映画なんじゃないでしょうか」と映画をアピール。そして杉咲が「キュンキュンしたりドキドキしたりという楽しさはもちろん、明日が来る喜びや、大切な人がいる尊さを感じられる作品。大切な人をより大事にしたいと思える映画です」と話し、イベントを締めくくった。

「パーフェクトワールド 君といる奇跡」は、10月5日より全国でロードショー。

(c)2018「パーフェクトワールド」製作委員会 (c)有賀リエ/講談社

映画ナタリーをフォロー