映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

野村周平が兄貴・毎熊克哉から賛辞贈られる「ひと昔前の男っぽくてカッコいい」

124

「純平、考え直せ」初日舞台挨拶の様子。

「純平、考え直せ」初日舞台挨拶の様子。

純平、考え直せ」の初日舞台挨拶が本日9月22日に東京のシネ・リーブル池袋で行われ、キャストの野村周平柳ゆり菜毎熊克哉岡山天音佐野岳佐藤祐基藤原季節森田涼花木下愛華片岡礼子、監督の森岡利行が登壇した。

奥田英朗による同名小説を原作に、対立組織の幹部の命を狙う坂本純平が、決行までの3日間を偶然出会ったOL・山本加奈と過ごすさまを描いた本作。野村は「ともに戦ったみんなと集まれてうれしい」と映画の公開を喜び、「毎熊さんは存在感と包容力があって素晴らしい先輩。兄貴という感じがします」と隣に立つ毎熊を評する。その言葉に毎熊は「そんな真面目なことを言われるとは思ってなかった……」と照れ笑いを浮かべながらも、「(野村は)ひと昔前の男という感じがしてカッコいい」と賛辞を贈った。

続いて、柳が劇中で自身の髪を切った岡山に「どうでした?」と感想を求める。岡山が「緊張しました! (スタッフから)大事なシーンだからとプレッシャーをかけられて。あのときは本当にすみませんでした」と当時を思い出して改めて謝罪をすると、柳は「なかなかカットの声がかからなくて、お互いにヒリヒリしながら演じましたね」と彼に優しく声をかけ、「本人はすごく優しい方なので皆さん誤解のないように!」と続けた。「純平を送り出す場面では原作にないセリフがあったんです。監督と解釈を詰めていったシーンで……」と思いの丈をたっぷり時間を使って話す佐野へ、野村が「時間がないんだよー!」と冗談交じりにツッコんで観客の笑いを誘う一幕も。

最後に柳は「ハードなシーンもありましたが、本当にこの作品に惚れてしまったので、すべてを捧げるつもりで(本作を)愛しました」と、野村は「純平みたいに芯の通った男が、もっと世の中に増えれば。僕も純平みたいになれるようにがんばります」と挨拶し、イベントを締めくくった。

※「純平、考え直せ」はR15+指定作品

(c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

映画ナタリーをフォロー