森岡利行

モリオカトシユキ

デビュー以来、アウトロー的世界を描き、売れっ子脚本家の仲間入りを。望月六郎監督「鬼火」(1996)でのしっかりとした骨格の作りが印象深い。

関連する画像