映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「3D彼女」中条あやみら絵しりとりに挑戦、ルール無用の竹内力が最後に「うんこ」

507

「3D彼女 リアルガール」公開記念舞台挨拶の様子。左から上白石萌歌、清水尋也、中条あやみ、佐野勇斗、恒松祐里。

「3D彼女 リアルガール」公開記念舞台挨拶の様子。左から上白石萌歌、清水尋也、中条あやみ、佐野勇斗、恒松祐里。

3D彼女 リアルガール」の公開記念舞台挨拶が本日9月15日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの中条あやみ佐野勇斗M!LK)、清水尋也恒松祐里上白石萌歌ゆうたろう濱田マリ竹内力、監督の英勉が出席した。

那波マオのマンガをもとにした本作は、リア充の完璧美少女・五十嵐色葉と、コミュニケーション能力ゼロのオタク高校生“つっつん”こと筒井光の恋路をコミカルに描いたラブストーリー。中条が色葉、佐野が筒井を演じたほか、2人の友人役に清水、恒松、上白石、ゆうたろう、筒井の両親に濱田と竹内が扮している。

開口一番「皆さん、映画どうでしたか!?」と満面の笑みで呼びかける中条。会場が拍手に包まれる中「ありがとうございます。今日は皆さんに会えて本当にうれしいです」と挨拶する。佐野も「皆さん、映画面白かったですか?」と語りかけ「この作品が本当に大好き。ぜひ皆さんにどんどん宣伝していただければ」と晴れやかな表情を見せた。

竹内は「やっとコワモテじゃなくて普通のサラリーマンを演じられた。監督に感謝しております」と感慨深げに語り出す。現場にいるときは映画の仕上がりをまったく想像していなかったことを明かし、「試写を観て本当に心地よく。奇想天外なストーリー。もう絵作りもハンパねえなと。ぶったまげた」と感想を語った。

イベントでは撮影の合間にキャスト陣の間で盛り上がったという絵しりとりをするコーナーも。同作に登場する筒井が愛してやまないアニメキャラ・えぞみちから始まり、バトンをつなげられたゆうたろう。えぞみちは理解できたものの、「ち」ではなく「み」から始まる単語「みかん」を描いてしまい、2人目でしりとりが終了するという事態に。急いで描き直すがそれも「みかづき」で、すでにしりとりではなくなっていた。

ゆうたろうの次の恒松は「なんで三日月なんだろう?」と不思議な表情を浮かべながら、人間が2人向き合う絵を描いて「キス」を表現。しかしこれを「チュウ」と勘違いした佐野は「牛(うし)」でしりとりをつなげる。続く中条は「しいたけ」を描くが、清水はこれを「きのこ」と誤解。そして最初に「コイン」を描いてしまい大慌てで修正する一幕も。

清水の「こねこ」という「こ」返しをくらうも、上白石は冷蔵庫とその中にある四角い物の絵で「こおり」を表現。しかし濱田はこれを「ポケット」と勘違いしてしまい「トング」で竹内にバトンをつなげる。それぞれ10秒という制限時間にもかかわらず、どうしても「トング」が理解できない様子の竹内は、熟考モードに。MCに急かされながらも冷静な竹内は、なぜか堂々と「うんこ」が描かれたフリップを披露する。「トング」を「ヘッドフォン」と理解したという竹内は、しりとりのルールを無視しつつ「ヘッドフォン? ンンンんんんんん、うんこ!」と強引に解釈したことを白目を剥きながら説明した。

最後に中条は「たくさん愛情を込めて作った作品。こうやってみんなと舞台挨拶に立てるのもあと少ししかないと思うと寂しいです。そして皆さんに笑って泣いてもらえることが、私たちの一番の喜びです」と笑顔を見せながら、原作者である那波への感謝を述べる。そして「もう1人、ありがとうを伝えたい人がいます!」と、キャスト陣で目を見合わせながら「監督! ありがとう!」と声を合わせる。このサプライズに英は「さっきまでうんことか言ってたのに、そんなパッとグッとけえへんよ」と笑いながらも「ありがとうございます」と伝えた。

「3D彼女 リアルガール」は全国で公開中。

(c)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (c)那波マオ/講談社

映画ナタリーをフォロー