映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

葵わかなが「青夏」男性キャラに苦言?井上苑子は挿入歌を生披露

68

「青夏 きみに恋した30日」女子会舞台挨拶の様子。左から久間田琳加、井上苑子、葵わかな、古畑星夏、秋田汐梨。

「青夏 きみに恋した30日」女子会舞台挨拶の様子。左から久間田琳加、井上苑子、葵わかな、古畑星夏、秋田汐梨。

青夏 きみに恋した30日」の女子会舞台挨拶が本日8月15日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの葵わかな古畑星夏久間田琳加秋田汐梨が登壇した。

南波あつこのマンガを「恋と嘘」の古澤健が実写化した本作は、葵演じる夏休みを田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒と、佐野勇斗(M!LK)扮する地元のクールなイケメン男子・吟蔵によるラブストーリー。古畑は吟蔵の幼なじみ・万里香、久間田は理緒の親友・あや、秋田は吟蔵の友人・さつきを演じた。

イベントには、Mrs. GREEN APPLEによる本作の挿入歌「点描の唄(feat.井上苑子)」に参加した井上苑子も登壇。「作中に登場する吟蔵、ナミオ、祐真、タカヤのなかで理想に近いのは誰?」と質問された5人は、しばし考えこむ。最初に秋田が「無言でも安心できる」という理由でナミオを挙げると、葵らは「そうだねー!」とうなずく。続いて久間田が「チャラそうに見えるけど実はピュアだから」と祐真を選ぶと、葵と古畑が「私も!」と同意する。井上が「私もナミオくん」と答えるとキャスト陣が「吟蔵……」と苦笑。葵が「吟蔵ってちょっと強引じゃないですか? 作中で理緒がけっこうアプローチしてるのに手ごたえがないんですよ。かなり振り回されるタイプ」と冗談めいた口調で“苦言”を呈すると、会場から笑い声が起きる。

登壇者が観客の恋愛相談に答えるコーナーでは、男性客が「花火デートに行く予定があるが、男性の浴衣姿について女性はどう思うか」と質問。葵以外の4人が「絶対着ていったほうがいい!」と盛り上がる中、葵が「うーん」と渋い表情を浮かべ「2人とも普段着でいいんじゃない? 下駄って足が痛くなるし」と答えると、4人は「えー!? 嘘!」と悲鳴を上げた。井上が「一緒に選ぶところから始めたら?」とアドバイスすると、葵も「そしたら楽しみが花火だけじゃないからいいかも!」と同意する。質問した男性客が「一緒に選びに行きます」と答えると、5人は歓声を上げて喜んでいた。

「点描の唄(feat.井上苑子)」について井上は「理緒ちゃんが普段はとても明るいので、切なくなりすぎてはいけないと思ったので、自分の気持ちをぽろぽろと話しかけるように歌いました」と明かす。葵は「歌が自分とリンクしているような気持ちになって、心からしみ込むようでした」と述べた。ここで、井上が同曲を生披露し、優しく伸びやかな歌声を響かせると登壇者と観客は盛大な拍手を送る。葵は「すごく素敵でした! 生で聴ける機会がないかなと思っていたのでうれしかったです」と興奮した様子で述べた。

「青夏 きみに恋した30日」は全国で公開中。

(c)2018映画「青夏」製作委員会

映画ナタリーをフォロー