映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

横浜流星×GReeeeN「愛唄」に清原果耶、飯島寛騎が出演!成海璃子らも

625

横浜流星の主演作「愛唄」の正式タイトルが「愛唄 ー約束のナクヒトー」に決定。あわせて同作に清原果耶飯島寛騎らが出演していることがわかった。

GReeeeNの映画プロジェクト第2弾にあたる本作は、彼らが自身の楽曲「愛唄」への思いを物語として紡いだもの。横浜扮する恋をする勇気を持てないまま大人になった主人公・野宮透(トオル)が、元バンドマンの旧友・坂本龍也との再会や詩との出会いによって変化していくさまを描く。

本作で清原はある秘密を持ち、トオルに生きる意味を教えるヒロイン・伊藤凪、飯島は龍也を演じる。清原は「『愛唄』の真っ直ぐな歌詞が凪として生きる心を照らし導いてくれた気がします」と、飯島は「本当にかけがえのない、素晴らしい作品に出会えることができました。演じるにあたって、色々悩んだ時期もありましたが、監督からの助けもあって、無事に作品を完成させられて良かったです」と撮影時を振り返った。

さらに、トオルの初恋相手である元有名子役・相川比呂乃役で成海璃子、トオルの母・野宮美智子役で財前直見、凪の母・伊藤佐和役で富田靖子、比呂乃を見いだす大女優・橋野冴子役で中山美穂の参加も決定。またトオルの担当看護師・小池妙子役に中村ゆり、龍也のバンド仲間マサオ役に西銘駿、冴子の事務所幹部・副島浩一役に野間口徹、タコス屋の店長役に奥野瑛太がキャスティングされたほか、清水葉月二階堂智渡部秀の出演も発表になった。

「海月姫」の川村泰祐がメガホンを取り、清水匡がGReeeeNメンバーとともに脚本、JINが音楽プロデュースを担当する「愛唄 ー約束のナクヒトー」は、2019年1月25日より全国ロードショー。

清原果耶 コメント

「愛唄」の真っ直ぐな歌詞が凪として生きる心を照らし導いてくれた気がします。
誰かを想ったり愛することへの勇気。
そしてトオルや凪たちの“ 今を懸命に生きる姿”に私自身とても影響を受けました。
皆さんがこれから紡いでいく人生の中で本当に大切したいものは何か。を考えるきっかけになると嬉しいです。
この作品がたくさんの方々に届きますように。

飯島寛騎 コメント

青春の頃に聴いていたGReeeeNさんの作品にご一緒できてとても感慨深く思います。いままで「愛唄」の歌詞を深く意識したことはありませんでしたが、今回の役を通じて、曲の捉え方も変わり、一つの言葉に無限の可能性が広がっていることを感じました。本当にかけがえのない、素晴らしい作品に出会えることができました。演じるにあたって、色々悩んだ時期もありましたが、監督からの助けもあって、無事に作品を完成させられて良かったです。

成海璃子 コメント

比呂乃という役は、小さな頃から女優をやっているという部分で、私自身と境遇は同じではあるけど、全く違うタイプの人間なので演じる上で面白いキャラクターだと思いました。一筋縄ではいかないようなキャラクターを、丁寧に表現しようと思って演じていました。 この作品は伝えたいメッセージがシンプルですし、「いまやるんだ!」というようなことを伝えていると思うので、観ていただいた方にちょっとでも響く映画になればいいなと思います。

(c)2018「愛唄」製作委員会

映画ナタリーをフォロー