映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「検察側の罪人」木村拓哉&二宮和也、4000人の前にサプライズ再登場し感謝伝える

4418

サプライズで再登場した木村拓哉(左)と二宮和也(右)。

サプライズで再登場した木村拓哉(左)と二宮和也(右)。

検察側の罪人」の完成披露試写会が、本日8月6日に東京・東京国際フォーラムにて開催され、上映後の会場にキャストの木村拓哉二宮和也吉高由里子大倉孝二八嶋智人音尾琢真芦名星、監督の原田眞人がサプライズ登壇した。

「検察側の罪人」は雫井脩介の同名小説をもとにしたサスペンス。キャストたちの登壇は上映前だけだと知らされていたが、上映後にスタンディングオベーションが起きたところでキャストたちが再登場。4000人の観客が喜びの悲鳴を上げる中、若手検事・沖野役の二宮は「もう、観ていただいたものがすべてでございます! いろいろと感じていただいた部分は多分にあったと思う。もう一度劇場で観ていただけたら」と、エリート検事・最上役の木村は「本当に今日(この映画を)受け取ってくれた、この場にいる全員に感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございます」と挨拶する。さらに木村が「こういう作品です。きっと一度では消化しきれないはず。僕ももう一度観たいと思っています。ぜひ劇場でお会いしましょう」と呼びかけたのち、キャストたちは客席通路を通って会場をあとにした。

「検察側の罪人」は8月24日より全国ロードショー。

※関連記事はこちらから
「検察側の罪人」木村拓哉&二宮和也、初共演し「頼りがいのある後輩」「いい人生」

(c)2018 TOHO/JStorm

映画ナタリーをフォロー