映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アントマン&ワスプ」宮川大輔が吹替版に出演、「小杉とやれてすごくうれしい」

45

「アントマン」の続編にあたる「アントマン&ワスプ」日本語吹替版に、宮川大輔が出演していることがわかった。

本作は、身長1.5cmになれるスーツを身に着けたスコット・ラング / アントマンと新型スーツの力を手に入れた“ワスプ”ことホープ・ヴァン・ダインの活躍を描く物語。ポール・ラッドエヴァンジェリン・リリーがキャストに名を連ね、日本語吹替版には内田有紀小杉竜一ブラックマヨネーズ)が参加する。

宮川が声を当てるのは、アントマンをしつこく追いかけ回すFBI捜査官のウー。宮川は「熱い人だけど空回りしているところもあったり、間抜けなところもあって面白い人やなと思いますね」と自身が演じたキャラクターの印象を語り、「春巻き10本食え!って言われるほうがまだ楽ですよ。本当に難しい」と声だけの演技に苦労したと明かす。そして「小杉とやれてすごくうれしかったです。小杉も標準語でしょ? 楽しみで仕方ないですね。苦労したんやろうな! 僕もしたよ!っていう(笑)」と、小杉と同じ作品への出演を喜んだ。

前作に引き続きペイトン・リードがメガホンを取った「アントマン&ワスプ」は、8月31日より全国でロードショー。

(c)Marvel Studios 2018

映画ナタリーをフォロー