映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

保紫萌香×モトーラ世理奈「少女邂逅」、女子高生3人の冒険描くスピンオフ配信

709

「放課後ソーダ日和」ビジュアル。左から田中芽衣演じるモモ、森田想演じるサナ、蒼波純演じるムウ子。

「放課後ソーダ日和」ビジュアル。左から田中芽衣演じるモモ、森田想演じるサナ、蒼波純演じるムウ子。

保紫萌香モトーラ世理奈が主演を務める「少女邂逅」のスピンオフドラマ「放課後ソーダ日和」の配信が、YouTubeにてスタートした。

「少女邂逅」は、いじめられ声が出なくなった孤独な女子高生・小原ミユリと転校生・富田紬の交流を描く青春ドラマ。保紫がミユリ、モトーラが紬を演じ、枝優花が監督を務めた。同じく枝がメガホンを取った「放課後ソーダ日和」は、サナ、モモ、ムウ子の女子高生3人による、放課後の冒険と成長を描く物語だ。サナを森田想、モモを田中芽衣、ムウ子を蒼波純が演じるほか、保紫とモトーラも出演した。

森田は「『少女邂逅』で感じた、空っぽになりそうな心に最後にはそっと温もりを与えてくれるような瑞々しい空気感を、この作品の中に引き継げていたら嬉しいです」とコメントを寄せ、田中は「ほぼ同い年で、モデルのお仕事をやらせていただいてる私がモモに共感できるリアルな感情を使って演じさせていただきました」と述べる。本作では、クリームソーダが特別なモチーフとして登場することから蒼波は「クリームソーダを飲むシーンが毎回あるのでみなさんに美味しそうと思ってもらえたらいいな!」と期待を寄せた。枝は本作について「『少女邂逅』の世界とはまた違った、日常のなかで忘れられてしまったもう戻ってこない17歳の青春を描きました」と語っている。

第1話「特別な時間のはじまり」には、喫茶店で勉強中のミユリと紬によるクリームソーダをめぐるやり取りが収められたほか、サナ、モモ、ムウ子の姿も。ドラマは全9話構成で、毎週1話ずつ配信される。

「少女邂逅」は6月30日より、東京・新宿武蔵野館、群馬・イオンシネマ高崎ほか全国にて順次公開。

森田想 コメント

念願叶って枝さんの作品に関わる事が出来ました。芽衣ちゃん、純ちゃんという魅力溢れる2人と美味しいクリームソーダをひたすらに堪能しながら撮影した日々は心の底から楽しくて、とても色濃く大切な時間になりました。 映画「少女邂逅」で感じた、空っぽになりそうな心に最後にはそっと温もりを与えてくれるような瑞々しい空気感を、この作品の中に引き継げていたら嬉しいです。是非ご覧下さい。

田中芽衣 コメント

「放課後ソーダ日和」と「少女邂逅」では、少女の青春の時間を切り取った物語であるというところが共通しているなと思いました。ほぼ同い年で、モデルのお仕事をやらせていただいてる私がモモに共感できるリアルな感情を使って演じさせていただきました。この作品を通して人生初のクリームソーダを飲みました。炭酸苦手な私が、クリームソーダにハマっています(笑)この作品を観た皆様にも、是非クリームソーダを飲んでいただきたいです!

蒼波純 コメント

「少女邂逅」は心に痛みを持っている女の子二人が支えあっている映画だと思います。その「少女邂逅」で紬さんが飲んでいたクリームソーダを飲みに女子高生3人組が色んな喫茶店に通います。クリームソーダを飲むシーンが毎回あるのでみなさんに美味しそうと思ってもらえたらいいな! 女子高生のほのぼのしたドラマなので、楽しい気持ちになれると思います。ぜひ見てください!!

枝優花 コメント

映画「少女邂逅」の世界とはまた違った、日常のなかで忘れられてしまったもう戻ってこない17歳の青春を描きました。東京中のクリームソーダを追い求め、完成した作品です。これを観て是非、今年の夏はクリームソーダ聖地巡礼をしていただきたいです。

(c)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ、(c)2018 AlphaBoat

映画ナタリーをフォロー