映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「猫は抱くもの」沢尻エリカは猫ではなくチーター?吉沢亮は「甘えっぱなしでした」

2259

「猫は抱くもの」初日舞台挨拶の様子。

「猫は抱くもの」初日舞台挨拶の様子。

猫は抱くもの」の初日舞台挨拶が、本日6月23日に東京・新宿ピカデリーにて開催され、キャストの沢尻エリカ吉沢亮峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、監督の犬童一心が登壇した。

思い通りの生き方ができずにいる元アイドルの沙織と、自分が人間であり沙織の恋人だと思い込むロシアンブルーの猫・良男が、自分らしく生きる術を見つけていくさまを描く本作。沢尻が沙織、吉沢が擬人化されたパートでの良男を演じた。

「普段使わない脳や筋肉を使って、すごく楽しんで作った映画です」と本作を紹介した犬童。先日沢尻とともに参加した上海国際映画祭を振り返り「1200人のホールが満員になって、熱狂的に迎えてもらった。きっとみんな沢尻さんを迎えたんだと思うけど、僕は『この映画、いけるんじゃないか』と思ったんです」と手応えを語った。

夢をあきらめきれない女性・沙織を演じて、沢尻は「30代って仕事やプライベートで悩むことがたくさんある時期だと思う。それは職業を問わないので、共感できるところが多かったです」とコメント。そんな沢尻との共演を、吉沢は「飼い主とペットという関係を人間同士でやると、普通の恋人役よりも距離感が近いんです。猫役の僕から近付いていくことが多かったので、嫌がられたらどうしようという気持ちがあったんですが、沢尻さんが僕を見るとき完全に“ペットを見る目”でした(笑)。それくらい受け入れてくださって、僕は本当に甘えっぱなしでした」と回想した。

画家のゴッホを演じた峯田は、森の中の坂を沢尻と転がり落ちるシーンを述懐。スタントマンを使うはずが本人たちが演じることになった同シーンについて「坂の手前で止まるっていう約束で、2人で10回くらい練習してうまく行っていたんですけど、本番でね……」と、意図せず転んでしまったことを告白する。それを聞いた犬童は「あれ、転んでるのは峯田くんだけで、峯田くんが沢尻さんの手を引っ張ってるよね?」と暴露した。ゴッホの飼い猫・キイロ役のコムアイを、吉沢は「彼女は素が猫っぽい。動物的な感性を持っているので、2人でお芝居していて楽しかったです」と絶賛。コムアイは照れながら「私は同じことを2回できないんです。私がブンブン振り回したけど、吉沢さんにフォローしてもらいました」と感謝を述べた。

ここで明日6月24日に58歳の誕生日を迎える犬童を祝うため、ロシアンブルーの良男を模したケーキが登場。キャストと監督から誕生日の歌を贈られた犬童は「うれしいです。これを思い出に余生を過ごします」とコメントして笑いを起こす。今度は犬童から、座長を務めた沢尻へ手紙のサプライズプレゼントが。犬童は、沢尻の持つ“パワフルな女優力”を褒めるとともに「沢尻さんは猫というより、サバンナを駆け巡るチーターだなと思います。顔も小さいし(笑)。女性が生きにくい時代に、自分の見方で立つ姿に、きっと多くの女性たちが励まされるでしょう」という言葉を贈る。全文を聞いた沢尻は「ちょっと待って……」と感動で声を震わせながら「今回の現場はキャストもスタッフも、いいものを作ろうという思いでひとつだった。本当に、役者人生の中で大切な時間になりました」と感謝を述べた。

それを横で聞いていた峯田まで、なぜか感極まって「本当に、こんなに幸福な現場はないですよ。沢尻さんは主演女優なんだからもっと『私、女優だから』って(偉そうに)言ってもいいじゃない。でも『私は俳優部の一員です』っていう姿勢にすごく感動したんです。本当に出てよかった」と熱弁。ミュージシャン仲間であることから同意を求められたコムアイが「私、この現場が初めてなので……。ほかは違うんですか?」と言うと、爆笑が起こった。

(c)2018『猫は抱くもの』製作委員会

映画ナタリーをフォロー