映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

新田真剣佑が「OVER DRIVE」携え上海へ、「兄貴の分まで楽しんでます!」

1278

左から羽住英一郎、新田真剣佑。

左から羽住英一郎、新田真剣佑。

OVER DRIVE」のキャスト新田真剣佑と監督の羽住英一郎が、中国・上海で開催中の第21回上海国際映画祭に出席した。

公道をアクセル全開で駆け抜ける自動車競技・ラリーに挑む若者たちの姿を描く本作。確かな腕を持つメカニック担当・檜山篤洋に東出昌大、篤洋の弟で世界ラリー選手権(WRC)を目指す天才ドライバー直純に新田が扮した。

新田と羽住は、6月16日に行われたレッドカーペットアライバルに合わせて現地入り。空港に降り立った2人は、ファン200人以上から大歓迎を受けた。レッドカーペット上では、惜しくも参加が叶わなかった東出に向かって新田が「兄貴ー! 兄貴がいたらもっと楽しかったけど、でも兄貴の分まで楽しんでます!」とアピールする場面も。

翌6月17日には、上海大光明電影院(グランドシアター)にて本作の公式上映が実施された。上映後の舞台挨拶に登壇した新田と羽住は、それぞれ中国語で挨拶して観客から喝采を浴びる。新田は「今度は上海で運転してみたい!」と意気込み、羽住も「『OVER DRIVE2』で上海ラウンドを撮りたい」と展望を語った。その後は質疑応答が行われ、2人は約1200人のファンとの時間を楽しんだ。

新田は「上海には『OVER DRIVE』を知っている方がとても多く、うれしかったです!」と映画祭での反響を喜び、「本場の中華料理を食べましたが、本当においしかったです。ただ、本格的な中華料理のコースでは、最初に単品の白米は頼んではいけないと学びました。次々とおかずが運ばれてきて、最後にはチャーハン……昨夜は失敗してしまいましたね(笑)」とすっかり上海を満喫した様子で話す。また羽住は「上海国際映画祭、アジア最大と言われるだけありとても華やかでした」と感想を述べた。

「OVER DRIVE」は全国の劇場で上映中。

(c)映画「OVER DRIVE」製作委員会

映画ナタリーをフォロー