映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ミケランジェロ、モネ、ゴッホの生涯に迫るドキュメンタリー公開

162

「ダヴィデ」アカデミア美術館 (R)デビッド・ビッカースタッフ

「ダヴィデ」アカデミア美術館 (R)デビッド・ビッカースタッフ

歴史的な美術品を創り出したアーティストに焦点を当てるドキュメンタリーシリーズ「アート・オン・スクリーン2018」にて、3本の作品が公開される。

上映されるのは、ルネサンス期の芸術家ミケランジェロ・ブオナローティの謎めいた人生に迫る「ミケランジェロ:愛と死」、印象派を代表するフランスの画家クロード・モネを題材にした「私は、クロード・モネ」、絵画「ひまわり」などで知られるフィンセント・ファン・ゴッホを紹介する「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」。「ミケランジェロ:愛と死」「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」はデイビッド・ビッカースタッフ、「私は、クロード・モネ」はフィル・グラブスキーが監督を務めた。

「ミケランジェロ:愛と死」は6月23日、「私は、クロード・モネ」は7月14日、「フィンセント・ファン・ゴッホ:新たなる視点」は10月6日より東京・東劇ほかで公開。2018年秋に全国のユナイテッド・シネマで順次上映される。

映画ナタリーをフォロー