映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

シルヴィア・チャンが監督&主演「妻の愛、娘の時」9月公開

58

「妻の愛、娘の時」ビジュアル

「妻の愛、娘の時」ビジュアル

シルヴィア・チャンが監督と主演を務める「相愛相親」の邦題が「妻の愛、娘の時」に決定。あわせて9月上旬に公開されることがわかった。

第12回アジア・フィルム・アワードで主演女優賞と生涯貢献賞を獲得した本作は、3世代の女性たちがそれぞれ人生を見つめ直すさまを描いた物語。シルヴィア・チャン扮する女性フイインは、死んだ母を父と同じ墓に入れるため田舎から墓を移そうとするが、父の最初の妻に抵抗され波紋が広がっていく。フイインの夫を「青い凧」「春の惑い」の監督ティエン・チュアンチュアンが演じ、「春の雪」「空気人形」で日本映画にも参加しているリー・ピンビンが撮影を担当した。シルヴィア・チャンは「家族の中にも世代の違いがあり、どうすれば理解し合えるのかを描きたい」と語っている。

現在劇場窓口にて、本国ポスタービジュアルを使用した“春夏秋冬”ポストカード4種セット付き前売り券が販売中。「妻の愛、娘の時」は東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開される。

(c)2017 Beijing Hairun Pictures Co.,Ltd.

映画ナタリーをフォロー